気になる彼とのLINEのやりとりって、楽しい反面、かなり悩むもの。

振り向いてほしくて大慌てで返信したり、どう返信したらよいか分からず既読スルーしてしまったり……。

こういった失敗もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、「心地よいテンポのLINE」について男性に聞いてみました。

心地よいテンポ♡片思いの彼と「距離が縮まるLINE」とは?

できるだけ1日以内に返信する

「最近、会社に気になる後輩の女の子がいて、やっとの思いでLINEを交換しました。
それで俺からLINEをしたら、丸一日以上返って来なくて……。
脈なしだなと判断して、その子は諦めました」(30歳男性/営業)

好きな男性からのLINEには、どう返信したらよいものかと、じっくり考える女性もいるでしょう。

ただ、さすがに既読から24時間以上経過してしまうと、「自分には興味がないみたい」と誤解する男性も多いよう。

そんな展開を避けるためにも、気になる男性からのLINEの返信は、できれば1日以内を目安に返信できるようにしていきましょう。

即レスはNG

「合コンでLINEを交換した女の子に、帰宅してから『今日はありがとう』ってお礼のLINEを送ったんです。
すると、数秒後『こちらこそ、ありがとう!』って返信がきました。

その返事にスタンプを送ったら、また数秒で『今日出た料理の中で、なにが一番おいしかった?』って返事が……。
もしかして俺のLINEの画面を常に見てるんじゃ、と思って正直怖かったです」(25歳男性/銀行員)

気になる男性からLINEが来たら、嬉しくて舞い上がる女性も多いもの。

そのため、ここぞとばかりにサッと返信をして、いろいろ聞きたい気持ちも分かります。

しかし、早すぎる返信は相手に不安感や不信感を抱かせてしまうことも……。

気の知れた友人なら即レスもアリですが、これから親密度を深めていく段階にある男性には、即レスは危険かもしれません。

既読後3~6時間がベスト!

既読後3~6時間がベスト!

「今カノは、LINEがきっかけで付き合い始めたんです。
彼女は、いつも返信のタイミングがちょうどよくて。

付き合ってから理由を聞いたら、『忙しくても既読後3~6時間には返信するようにしてたよ』って。
それからは、俺もそれぐらいのタイミングを狙ってLINEしてます」(26歳男性/建築)

実際に会うことが難しい2人でも、LINEのやりとりがうまくできれば付き合えるチャンスがあります。

そんなチャンスをつかむためには、既読後3~6時間くらいの返信がオススメ!

たとえば午前9時に出勤する男性に対しては、朝もらったLINEへの返信は、お昼休憩の12時か午後休憩の15時に。

そして夕方にもらったLINEなら、お風呂上りの21時か就寝前の24時に返信する。

こんな具合でおおよその時間を決めておけば、男性側も返信を楽しみにしてくれるかも。

またLINEを数時間寝かせることで、慌てて送った返信よりも内容の質も上がりやすく、一石二鳥ですよ♡

恋のチャンスをつかもう!

いまや、恋愛にLINEは欠かせない!という人も多いでしょう。

そのため恋愛が成就するかどうかは、LINEでの印象も大きく行方を左右するかもしれません。

そんなときは既読後3~6時間後の返信を目指して、ある程度じっくり返信を考えるのが吉。

そうやって恋のチャンスを広げていきましょう♡

(愛カツ編集部)