カップルの別れって、突然おとずれることがあります。

しかし、急な別れに見えても、じつは小さな「すれ違い」の積み重ねが原因かもしれません。

そこで今回は、恋が短命になりがちな「短命カップル」の特徴を4つご紹介します。

すぐ破局する…「短命カップル」の特徴4つ

やってもらって「当たり前」になりがち

「彼のためになにかしても『やってもらって当たり前』みたいな態度を取られると、気持ちが冷めちゃいます
まあ自分もやりがちだから、かなり気をつけていますね」(31歳女性/不動産)

どんなに親しい関係性になっても、感謝の気持ちを忘れるのはNG。

とくに相手の存在や、やってくれることが「当たり前」になっている。

そんな人は、相手が悲しい思いをしているかもしれません。

このような小さな不満は、のちのち大爆発することもあります。

それを避けるためにも、感謝や謝罪は重視していきましょう。

「話し合い」を避ける

「結局コミュニケーションって、恋愛をしていくうえで一番大切だと思います。
どんなに好きでも、完全に通じ合うことなんてできる訳がないし……」(27歳女性/商社)

一緒にいる時間が長くなれば、不満や納得できないことが出てくるもの。

ただ、それ自体は仕方がないことです。

大事なのは、それらをどう改善して解決していくか、2人できちんと話し合うこと。

それを避けたり、拗ねて口を聞かなかったりすると、いずれ大きなすれ違いに繋がりかねないのです。

「決めつけ」で話を進める

「『どうせ〇〇って思ってるんでしょ?』みたいな、こっちの感情を決めつけてくる人とは、本当にうまくいかない。
それが原因で喧嘩になることがめちゃくちゃ多いんですよね」(29歳男性/WEBディレクター)

「どうせ分かってくれないし」とか「彼は〇〇しないはず」などと、相手の気持ちを勝手に決めつけてしまう。

これは付き合いが長い2人、お互いをよく知ってい2人だからこそのケースでしょう。

「決めつけ」をされると、きっと相手はなにも言えなくなってしまうはず。

先に言われてしまったし、イラっとするし。

そのため、なおさらコミュニケーションがうまく取れなくなるのです。

「〇〇はどうかな?」と、マイルドな疑問形で聞いてみるなど、工夫が必須でしょう。

「自分優先」で考える

「元カノは、いつも自分優先で動くんです。
たとえば、デート当日のドタキャン理由も『寝たいから』とか。
俺だって寝たいし、その日はやっと取れた休日だったのに、ただ待ち合わせ場所に行っただけで終わっちゃった」(30歳男性/営業)

常に自分を最優先にして考えていたら、だんだん相手との間にズレが生じてくるでしょう。

恋愛は2人でするものなので、お互いに相手の気持ちを考えて動かないと、どちらかが振り回されることになるはず。

たとえば、「会いたい」の言葉一つとっても、相手のお疲れ具合や、時間帯などいろんなことに気を配る必要があります。

お互いにとって、心地のいい関係でいたいものですね。

すれ違いを減らそう!

小さな「すれ違い」や不満は、散り積もって別れに繋がる可能性大。

とはいえ、すれ違いが一切生じないようにするのは難しいです。

重要なのは、そのすれ違いを減らす&あっても早めに修復していくこと。

そのためにも、とくに今回ご紹介したポイントには配慮してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)