デートの帰り際、男性が言い放つひとことをよく聞いてみると、実は深い意味が隠されていることがあります。

中には、好きだからこそ言ってしまいがちな言葉も……!

今回は、男性が本命の相手だからこそ言う「デートの別れ際のひとこと」を3つ紹介します。

男性が「本命だけに言う」別れ際のひとこと

楽しかった

「告白しようか悩んでた子とのデートの帰り際に『楽しかった』って無意識に言ってました。好きじゃなかったら、口がさけても言わない」(29歳男性/広告代理店)

好きな女性とデートして楽しくないと思う男性はいないでしょう。

ストレートに「楽しかったね」と言う男性は、あなたに自分の想いを伝えたいと思っているのかもしれません。

「私も楽しかったよ」などと、あなた自身もデートを満喫したことを伝えて、恋愛モードを加速させてみてください。

次はいつ会えるかな?

「本当に好きな人とのデートでは、帰り際に『次はいつ会えるかな』と聞きます。
その場で次の約束が取りつけておかないと……と思うので。ほかの人に取られたくないし」(26歳男性/IT)

本当に好きな人と何度もデートをしたいのは当たり前。

デートの帰り際に「次はいつ会える?」と聞くことで、より確実に次の約束を取りつけたい狙いがあるのでしょう。

また、帰り際に誘ったら、万が一断られても気まずい雰囲気のままデートを過ごさなくてもいい、といった狙いもあります。

「次はいつ会える?」と聞かれたら、恥ずかしがらずに具体的な日程を提案してみてくださいね♡

まだ帰りたくない

「大好きな子とデートしたときはいつも『まだ帰りたくない』って言ってますね。気持ちが伝わればいいなと思ってます」(28歳男性/保険会社)

まだ帰りたくないのは、もっと一緒に過ごしたいということ。

好きではない相手とわざわざ貴重な時間を割いてまで、一緒に過ごしたいと思う男性は少ないはずです。

「まだ帰りたくない」は好きだからこそのひとことなので、「そうだね」「私もだよ」などと共感することで、ラブラブ度が高まるでしょう。

本心は帰り際に…

デートの帰り際には、本心が垣間見えるひとことを口にする男性が多いようです。

気になる男性が自分に対してどんな言葉を言うのかしっかりチェックして、相手の気持ちを探りましょう。

自分に脈がありそうな発言があったら、素直に受け入れて恋愛を進展させられるよう努力してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)