気になる彼がいて、向こうも結構脈ありっぽい!

こんな恋愛の始まりって一番楽しくてワクワクしますよね。

でも、せっかくの楽しい恋愛初期に、思わぬミスでチャンスを失っている女性も少なくないようです。

いい感じなのにもったいない!恋愛初期にしがちなミス3選

すぐに恋愛モードで考えてしまう

私は彼を好き、彼もちょっとは好きだと思う。でも、こんなに連絡がないのはどうして?

恋愛初期ではあるあるな悩みですよね。

やきもきするあまり「もうちょっと連絡してよ!」と彼にキレてドン引きされたり、「連絡がないなんて私のことはやっぱり好きじゃないんだ」と落ち込んでしまい、彼に対して卑屈な態度を取ってしまったりするのはあるあるです。

こんなケースは、恋愛モードで考えすぎなのが失敗の原因です。

どんなにいい雰囲気でも「付き合おう」という合意がない限りは彼氏彼女の関係ではないと考える男性も多いもの。

あなたが彼女なら、彼氏から3日連絡がないのは気になるでしょうが、彼はまだ男友達だと考えればどうでしょうか。

週に2回連絡があれば、「まめだな」と思えるのではないでしょうか?

彼女になったと考えるには気が早いだけ、という時期なのかも知れません。

「私のこと、好きならこうするよね」と思うより「私に気がある男友達だと考えれば、こんなもんよね」と考えれば、本来の余裕を取り戻せるはず。

彼の出方を待つ余裕がない

お互いの好意にはなんとなく気づいているものの、「付き合うのかな?どうなのかな?」という感じの恋愛初期はドキドキして楽しい時期です。

でも、グレーな状況であるのも確か。

私のことを好きそうに見える彼は、どうして告白してこないの?

私の勘違い?それともじつは彼女がいるの?など疑心暗鬼になってしまいますよね。

そんなとき、焦って自分から告白して引かれてしまったり、「付き合う気がないならはっきり言って!」なんて自爆してしまったりして失敗することがあります。

彼が自分の手に入るか入らないか、結果ばかりを気にしすぎて彼を泳がす余裕がないのが失敗の原因かもしれません。

お友達である時間を全力で楽しむことで、彼からの印象をよくします。

彼も、誰でも付き合うってわけじゃなく真剣に見極めているはずです。

また、グレーな時間を楽しんだほうが、付き合ってから大事にされるメリットもありますよ。

相手に合わせすぎている

好きな人には合わせてあげたい、多少の無理をしてでも希望を叶えてあげたい……。恋する女性あるあるですよね。

でも「もうすぐ付き合うかも?」という距離感の男性にも合わせすぎ、サービスしすぎになってしまっていませんか?

なかなか彼が告白してこない恋愛初期って、少しでも気に入られたくてムリをしてしまうもの。

でも、付き合う前から彼がそれに慣れてしまうと「付き合い始めたらかわいげがなくなった」なんて言われてしまうかも。

もうちょっとで付き合える、そんなときこそあえて自然体がおススメです。

男性は女性の喜ぶ顔を見るのが好きなので、たとえばデート中に「お茶したいな」「今度はあの映画が観たいな」など……。

小さなお願いをたくさんして彼にそれを叶えてもらうなど、ちょっとワガママ気味に振る舞ったほうが結果として告白されるのが早まる傾向もありますよ。

恋愛初期は焦らずゆっくりと

「彼も私を好きかも?」こんな直感ってじつはあまり外れないもの。

ダメになるとしたら、それはほとんどの場合「先を急ぎすぎたから」なんです。

やきもきしつつも楽しい恋の始まり、それを楽しめるのは今だけ!

イライラせずに楽しんでみてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)