好きな人に既読スルーをされたら、かなりショックですよね。

しかし男性のなかには、本命女性に対して「わざと既読スルーする」ことがあるのだとか。

そこで今回は、その理由について男性意見を聞いてみました。

意外と脈あり♡「わざと既読スルーする」男性心理とは?

駆け引きをしたい

「好きな子とのLINEでは、駆け引きのために、わざと既読スルーすることがあります。
ヤキモキして、僕のことをもっと好きになってもらいたいんだ」(24歳男性/営業)

ほかにも既読スルーのリアクションから、女性に好意があるか確認している男性もいるよう。

ここで、お互いに駆け引きし合い、既読スルーを放置するのはオススメしません。

なぜなら、彼が「脈なしかも」と誤解するリスクがあるためです。

もし女性側も彼に好意があるなら、「最近、忙しいの?」など気にかけるLINEをしてみるのが吉。

楽しみを取っておきたい

「気になる子とのLINEは、僕にとってご褒美なんです。
だからこそ、その日のタスクが終わってから返信したい。
なので仕事して帰宅して、ご飯食べて、筋トレしてお風呂入った後に、じっくり時間をかけて返します」(27歳男性/制作)

男性のタイプによっては、1日未満の既読スルーなら、この男性と同じような理由なのかもしれません。

やるべきことを全部片付けて、楽しいことで頭をいっぱいにする時間がほしい。

そのため、「楽しいことは最後にやりたい」と考えるのでしょう。

相性を確かめている

「本気で付き合いたい子とは、あえて気を遣いすぎず、本来の俺のペースでLINEをすることがあります。
こうすれば、その子とのLINEが俺にとって心地よいかどうか、分かるじゃないですか。
やっぱり付き合うとなったら、相性が大事だと思うんです」(26歳男性/音楽関係)

SNSが苦手なタイプの男性のなかには、本命女性に対して、あえて素の自分でLINEをすることがあるようです。

たしかに、あまりにLINEの感覚が合わない者同士が付き合ったら、どちらかが我慢をすることになりそうですよね。

こういった男性は、実際に会うときはやさしいこともあるので、じっくり見極めていきましょう♡

忙しすぎるから

「仕事の担当が変わり、勉強時間の確保のために既読スルーしました。
好きな気持ちが薄れたわけじゃないです。
やっぱり好きな子とのLINEは、できるだけ恋愛に集中できる状態で向き合いたい」(29歳男性/営業)

頭の中が仕事や悩みごとでいっぱいの男性は、恋愛の優先度が下がってしまいがち。

しかし、だからといって恋心が冷めたとは限りません。

なぜなら、「恋愛を優先できない状態で好きな子に向かうのは、不誠実だから」と考える男性もいるためです。

気になる彼がそういうタイプなら、しばらく放っておいて、タイミングを見てLINEを再開するのがベターでしょう。

「脈なし」じゃないかも!

既読スルーにショックを受ける女性も多いですが、男性はのなかには、ただ自分のコンディションを優先しているだけというケースも多いようです。

なかには、「無視」のつもりもない男性もいるよう。

そのため「彼に嫌われた……」と考えると、すれ違いの原因になってしまうこともあります。

放っておけば彼からまたLINEが来ることも多いので、気にしすぎず、適度な距離感を保っていきましょう。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)