彼が「好き」と言ってくれない……。

愛情表現をしてくれない……。

そんな場合、彼が本当に好きでいてくれてるか、不安になる女性も多いでしょう。

ただそんな彼らにも、ひそかに見せる「大好きサイン」があるのだとか。

そこで今回は、彼らなりの「愛情表現」について、ご紹介します。

じつは大好き♡男性がひそかに見せる「愛情表現」とは?

じっと見つめる

「僕は、気づいたら大好きな彼女の顔をじっと見ちゃうことがあります。
美味しそうにご飯を食べてるときとか、『かわいいなあ』って見てると、彼女に『なに?』って聞かれて慌てる(笑)」(24歳男性/美容師)

「好き」という言葉がなくても、視線から「好き」が溢れている男性もいるようです。

デート中に、じーっと見つめる彼の視線を感じたことはありませんか?

また、どんな一瞬も見逃さないようにと、体ごとあなたのほうを向いているかもしれません。

そんなサインが見られるなら、それは彼なりの愛情表現かもしれません。

ウソをつかない

「好きで、誠実に付き合おうと思ってる相手には、僕はウソはつきません。
自分のことを彼女に全部話しているわけじゃないけど、聞かれれば正直に答えられます。
やっぱり、不安にせたくないからね」(26歳男性/事務)

ウソをつかない男性は、それだけ言動に矛盾がないはずです。

ですから、そもそもウソをつかなくちゃいけない、やましいことをしないでしょう。

もし付き合いが長いなら、彼女へのアドバイスなども、素直にズバズバ言ってくるかもしれません。

でもそれは、「お互い正直でいよう」と思っているからこそでしょう。

会わない時間も関わろうとする

「僕が3ヶ月の地方出張で、彼女としばらく会えなかったんです。
そのときはビデオ通話したり、電話したりしまくりましたね。
会えない間に、彼女の気持ちが離れたら嫌だなあって思って」(27歳男性/営業)

相手と直接会わないコミュニケーションは、好きじゃない相手だと面倒でムリ。

そんな男性は結構います。

とくにビデオ通話は、電話やLINEのように、「ながら作業」もできませんし、興味のない話題が続けば、退屈してしまうはず。

それにも関わらず、少しでも関わろうとするのは「本気で好かれている」からこそでしょう。

行動に本気度が出る

言葉で「好き」と言いながら全然行動が伴わない男性もいます。

ですから普段の彼を思い返してみて、心があったかくなる言動が多いなら、大切に思われているはずですよ。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)