最近なんだか彼氏からの連絡が減ってきた……。

もしそんな状況に置かれたら、きっと多くの人が不安になることでしょう。

好きな気持ちが大きければ大きいほど、そう思うのも無理はありません。

ただ、男性から連絡の頻度が落ちるのはよくあること。実は、心配するほど悪いパターンばかりでもないのです。

ここでは、連絡が減っていても心配ない……むしろ良い傾向である場合について紹介します。

どうして?「急に連絡をしてくれなくなった」ときの男性心理は…

連絡が減っていても…

男性は元々、頻繁に連絡をしないタイプの人も少なくありません。

たとえば付き合う前は、あなたを誰かに取られたくないとか、他に好きな男性はいないかなどと気になって多く連絡していたのではないでしょうか。

ただ、付き合い始めて関係が安定してきたことで、本来の彼の連絡ペースに戻っただけだと考えられるのです。

連絡は減ってきたとしても、会っているときはむしろ以前よりも親密に感じられれば、まったく問題なし。

むしろ、関係が進展している証とさえ言えます。今の関係に安心したことで、以前よりもあなたに連絡をしなくなってきたのでしょう。

大事な連絡があれば安心してOK

連絡が減ってきているために「もう私のこと、飽きたのかな?」とあなたが不安になっているとしても、大事なときにはしっかり連絡してくれるようであれば、彼はあなたに飽きたわけではありません。

また、あなたがなにか困っていて、彼と話をしたいというときにきちんと聞いてくれる場合も大丈夫です。

このように、大事なときはちゃんと連絡を取り合えるということは、彼があなたに対して誠実に接している証。

もし飽きてしまって、「別れてもいいや」と思っているなら、大事な内容であろうとおろそかになってしまうものです。

仕事が忙しいときは待つことも大切

仕事が忙しいときは待つことも大切

「前は忙しくてもちゃんと毎日連絡してくれてたのに……」と落ち込んでしまう気持ちも、もちろんよくわかります。

しかし、仕事が忙しいとか、一生懸命に打ち込んでいることがわかる場合、連絡頻度が減ってしまうのは、ある意味で仕方のないことなのかも。

不安にならなくて良いパターンとしては、これが最も大きなものではないでしょうか。

関係が順調だからこそ「もっと仕事を頑張ろう」という気持ちになっているのかもしれませんよ。

将来のことをしっかり考えてくれているからこそ、今は仕事を頑張っているのだと思います。

そう思えば、心配するよりも彼を応援したいという気持ちになれるはずです。

愛の深さを測るのは…

これらの例のように、男性は必ずしも連絡の回数が愛の深さ、思いの大きさとはなりません。

連絡の頻度に左右されて、彼の気持ちを疑って悲しむこともないのです。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)