いくら大好きな女性相手でも、「それだけは言わないで……」というセリフがあるようです。

しかもなかには、知らないうちに言いがちなセリフもあるよう。

そこで今回は、「プライドが傷つくNGセリフ」について、男性に聞いてみました。

恋心が冷める…男性の「プライドが傷つく」NGセリフ3選

「細くてうらやましいよー」

「僕は昔から華奢な体格がコンプレックスでした。
筋トレしても筋肉がつかず、マッチョな男性に憧れていました。
でも好きだった子に、『細くてうらやましい!』と、言われて……。
遠回しに男らしくないといわれているようで、落ち込みましたね」(22歳男性/大学生)

「細い」という言葉は、女性なら誉め言葉になることも多いですよね。

しかし、男性にとっては「細さ=コンプレックス」であることも少なくありません。

すでに多くの人から言われ、嫌気がさしている言葉という可能性も。

とくに容姿や体型は、その人ならではのコンプレックスを持っていることもあります。

ですから、褒めるつもりでも口にしないほうがベターかもしれません。

「○○くんは~~なんだって!」

「前の彼女は、ほかの男と俺を比べてばっかりでした。
たとえば『○○くんはもう試験合格したんだって!』とか『○○ちゃんの彼氏は年収800万らしい』とか。

だんだん『じゃあそういう人と付き合えば?』と思うようになりましたね。
本当は、俺だけを見てほしかったのに」(25歳男性/金融)

周囲の男性と比較されると、プライドが傷つく男性も多いようです。

とくに好きな女性からそんなことを言われると、「俺じゃ、この子を幸せにできない」とショックを受けるかも。

知らず知らずのうちに男性を傷つけることのないよう、周囲の人と比較する発言は避けたほうがいいでしょう。

「なんでもいい」

「なんでもいい」

「元カノは、『今日どこ行く?』『お昼ごはんはなにがいい?』と聞いても、『なんでもいいよ』と答える子でした。
いつも僕が考えなきゃならず面倒でしたね、正直。
デートは、『ここはどう?』『そこ行きたい!』と話し合って決めるのが楽しいのに……」(28歳男性/IT)

相手のことを気遣うあまり、「なんでもいいよ」と答える女性も多いでしょう。

ただこの「相手に合わせる」スタイルは、場合によっては「相手にすべて任せる」と捉えられることも……。

アレコレ自分で決める必要はないですが、彼と一緒に話し合う姿勢は必要かもしれません。

NGセリフは、恋心を冷めさせるかも

よかれと思っての発言も、男性を嫌な気分にさせてしまうケースがあるようです。

せっかく芽生えた恋心を冷ましてしまわないよう、セリフには気をつけたいもの。

とくに今回ご紹介した内容には、注意してみてくださいね。

(愛カツ編集部)