彼氏に対して、「もしかして嫌われたかも……」と感じたことはありませんか?

ただ、それを直接彼にたずねるのは、かなりハードルが高いですよね。

そこで今回は、「彼女に冷めたサイン」について男性に聞いてみました。

別れが近いかも…男性の「彼女に冷めたサイン」とは?

デートがワンパターンになる

「気持ちが冷めている彼女に対して、お金や時間を使いたいとは思いません。
デートの行き先を考えるのも面倒だし、遠出に使う時間やお金ももったいなく思えてきて。
別れ際は、どちらかの家でダラダラ過ごすことが多くなりました」(28歳男性/自営業)

付き合いたての頃は、毎回2人でデートプランを立てて出かけていたのに、最近はワンパターン……なんてことはありませんか?

気持ちが冷めてしまっている男性は、デートに時間やお金をかけたくないと思うことも多いようです。

デートに行くことさえ面倒くさがられる、実際にデートに行っても楽しくなさそう、そんなときは要注意かもしれません。

彼の気持ちを確かめるためにも、自分からいつもと違う内容のデートを提案してみるのが一つの手でしょう。

返事が適当すぎる

「彼女は結構よくしゃべるタイプで、付き合いたての頃はそれがすごく楽しかったんです。
でも気持ちが冷めてくると返事をするのも面倒で……。

そこで『ちゃんと聞いてよ』と責められると、余計に面倒くさいなと思っちゃいますね」(25歳男性/会社員)

以前はちゃんと話を聞いてくれたのに、最近は返事がそっけない……。

そうなると、かなり不安になるでしょう。

ただ、そこで「なんでちゃんと聞いてくれないの?」と男性を責めるのはNG。

責められていると感じると、より気持ちが離れてしまうかもしれません。

また男性のなかには、距離を置くためにあえて適当に返事しているケースもあるよう。

こんな傾向が見られたら、彼が返しやすいよう疑問形で話しかけてみたり、彼が興味のある話題を挙げたりと工夫が必要です。

デートの回数が減る

「元カノは、気持ちが冷めてもなかなか別れを切り出すことまではできなくて。
とにかく避けてしましたね。
予定がなくてもなにかと理由をつけてデートの誘いを断ったりしてました」(29歳男性/公務員)

いくらデートに誘っても、いつもなにかと理由を付けて断られるようなら、要注意。

それは、彼の気持ちが冷めているサインかもしれません。

彼が誘いに乗らないだけでなく、そもそも彼からデートのお誘いがゼロになったという場合も同様。

そのままフェードアウトを狙っているのかもしれません。

必要以上に不安になると…

たしかに今回ご紹介したサインは、別れが近い2人によく見られるものも多いです。

ただ、彼女の存在が当たり前になってきている男性も、似たサインを見せることがあります。

ですから、まずは過剰に不安にならないのが大事。

そこで彼を責めたり、暴走したりすると、それこそ別れに直結しかねませんから。

(愛カツ編集部)