どんなに仲良しカップルでも、一緒にいる時間が長くなるとケンカになることもあるでしょう。

でも、そこでケンカの仕方を間違えると、取り返しのつかないことになるケースも……。

そこで今回は、やってはいけない「ケンカの仕方」をご紹介します。

別れに繋がる…やってはいけない「ケンカの仕方」とは?

「過去の不満」を責める

ケンカすると、カッとなって「あのときも〇〇だったじゃん!」と過去の不満を持ち出す女性もいるでしょう。

ただ、こうなると男性のなかには、話の内容がごちゃごちゃでわけが分からなくなり、ケンカを放棄したくなる人もいます。

すると、ケンカの根本的な解決に至らず、何度も大きなケンカを繰り返す原因になりかねません。

うっかり口から漏れてしまうこともありますから、意識的に「過去の不満」を持ち出さないようにするのがベターです。

「極端なこと」ばかり言う

頭に血がのぼると、思わず極端な発言をしてしまいがち。

たとえば「私たち別れたほうがいいかもね」「全部私が悪いんでしょ」など。

そんなことを言われたら、男性としては、もうお手上げ状態になるだけです。

そこで同じように極端なことを言う男性なら、勢いで別れてしまいかねません。

本当に後悔しないかどうか、一度言葉を飲み込んで考える時間を持つといいでしょう。

「〇〇するべき」発言

「〇〇するべきでしょ!」「どうして〇〇できないの?」などの決めつけるような発言。

これを言われると、相手に否定されたような気持ちになる男性もいるよう。

もし好きな人から否定されたら、とても悲しい気持ちになるはず。

一方的に意見を押しつけるのではなく、相手はどんな意見なのかに注目するのが大事。

お互いにその気持ちを忘れなければ、極端にケンカがこじれることもないでしょう。

ずっと不機嫌なまま

ケンカそのものを避けるのは、結構難しいこともあるでしょう。

大事なのは、ケンカしたあとは長引かせずに、ちゃんと気持ちを切り替えること。

いつまでも不機嫌な状態でいると、ずっと重苦しい空気が流れたままで、お互いにとって居心地が悪くなってしまいます。

時間が経てば経つほど仲直りしにくくなるので、できればその日のうちに終わらせるというのを、ケンカのルールにしておくというのもアリですよ。

ケンカは「2人のこれからのため」に!

不満を溜め込むのはよくないですが、怒りをただぶつけるだけはNG。

ケンカをするときは、「2人のこれからのため」という思いを持つのがオススメ。

そうすれば、悲しい結末を避けようとお互いに思えるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)