気になる男性ができたときには、自分から多少のアピールをすることが必要になります。

そうすることで、「知り合い」や「ただの女友達」から「気になる女性」にステップアップできるかもしれません。

今回は、男性の意見をもとに、女性を恋愛対象として意識しだす瞬間を4つご紹介します。

進展させよう♡男性が女性を【恋愛対象】として意識しだす瞬間4つ

1:笑顔で楽しそうにしているとき

「俺と一緒にいるときに、いつも笑ってくれているとうれしいですね。『俺のことが好きなのかな?』と勘違いしそうになる」(25歳男性/飲食)

いつも笑っている女性は、同性から見ても魅力的に感じるもの。

自分と一緒にいる時間を楽しんでくれる女性のことは、意識する男性が多いようです。

彼と一緒にいるときには、笑顔で楽しむことを心がけるといいでしょう。

2:デートのお誘いを受けたとき

「いつも食事に誘ってくれる女の子がいるんだけど『たぶん自分のこと好きなんだろうな』って思ってます。

このあいだ、僕から誘ったらすごくうれしそうにしてくれて。素直でかわいいなと思いました」(28歳男性/医師)

2人きりでの食事やデートに誘われたら、意識する男性が多いよう。

男性から誘われるのを待つのもいいですが、自分から誘うことで、男性の恋愛スイッチを押すことができるかもしれません。

「ご飯行かない?」と言いづらい場合は、「ご飯行きたいな」とさりげなく伝えるといいでしょう。

3:よく目が合うと気付いたとき

3:よく目が合うと気付いたとき

「よく目が合う子は、自分のことを意識して見てくれてるのかなと思いますね。手を振ってくれたり目配せしてくれたりしたら、すぐ好きになっちゃうかもしれないです」(27歳男性/IT)

好きな人のことは、無意識に目で追っていることもあるのではないでしょうか。

そうするうちに男性とよく目が合う……なんてことも。

よく目が合う相手のことは、それだけでもなんだか気になるもの。

余裕のある方は、目が合ったときにほほ笑んだり、手を振ったりしてみるといいかもしれません。

4:ほめてくれたとき

「服装とか髪型の変化に気付いてほめてくれる女性は、自分のことをよく見てくれているのだなと思います。外見のほかにも、性格や行動をほめられると結構うれしいですね」(21歳男性/学生)

誰しも、ほめられるとうれしい気持ちになるはず。

これは恋愛でのアプローチでも有効です。

直接ほめるのが恥ずかしい人は、LINEを使ってほめ言葉を送ってみてはいかがでしょうか。

勇気を出して最初の一歩を!

男性に恋愛対象として意識してもらうには、少しのアプローチが必要です。

「あの子俺に気があるのかな?」と思ってもらえたら、彼のほうからも動いてくれるはずです。

まずは自分にできそうなことから、挑戦してみましょう。

(愛カツ編集部)