気になる男性とは、LINEのやり取りをしている人が多いのではないでしょうか。

うまくいけばいいアピールになりますが、場合によってはLINEが原因で幻滅されることも。

今回は、男性の実体験をもとに、送ってはいけない嫌われLINEをご紹介します。

LINEでアプローチ中の方はぜひチェックしてみてくださいね。

【男性から低評価】送ってはいけない!嫌われLINE

圧が強すぎる

「気持ちが強すぎたり、アプローチが急すぎたりすると困るというか……。押されすぎるとその圧に萎縮しますね。大人なので、もう少し焦らずにいきたいかな」(32歳男性/教育)

「好き!」と思った相手にでも、急ぎすぎた圧が強いLINEを送るのはNG。

ゆっくり慎重に関係を進めたい男性は、グイグイ積極的なLINEには困惑するよう。

まずは焦らず、じっくり相手の反応を見ながらにするといいでしょう。

怒涛の質問攻め

「LINEの交換をした日から質問攻めされたときは、即ブロックでしたね……。まだ相手のことをよく知らないので、返事をするのが面倒くさくて。

『なんでこんなことまで教えなきゃいけないんだ』と思ってました」(26歳男性/人材)

LINEを盛り上げたり、相手との距離を縮めたりするのに、質問は有効な手段でしょう。

しかし、質問攻めになってしまうと、男性は返事をするのが面倒になるようです。

1つの質問に1つの答え、それに対するリアクションで話を広げるイメージをもつようにするといいかもしれませんね。

非常識な時間

「仕事中とか真夜中とか、こっちの都合を考えずにLINEしてくるのはどうかと思います。相手だって仕事とかしているはずなのに……って考えると『あんまり真面目じゃないのかな?』とも疑いますし」(28歳男性/IT)

LINEは簡単に送れるツールだからこそ、時間を気にせず送りがちに。

仕事中や真夜中などに送ると、非常識だと思われることもあるよう。

LINEを送るときには「今送ったら迷惑に思われるかな」と、一度冷静に考えるようにしましょう。

愚痴やマイナス発言

「愚痴とかマイナスな発言ばかりでいやになることはありますね。もっと建設的な話をしようよって思います」(29歳男性/コンサル)

まだそれほど親しくなかったり、彼氏ではなかったりする男性に愚痴をこぼすのは、いい印象を抱かれにくいでしょう。

LINEは文字で送るものなので、よりダイレクトに相手に届くことになります。

愚痴を言う人を好む人はほぼいないので、気になる彼とのLINEでは楽しい会話をするよう心がけるといいでしょう。

焦りは禁物!

LINEは、使い方によって印象を左右するツールだといっても過言ではありません。

気になる彼と進展するために使っていたのに、気付けば連絡が途絶えて……なんてことになるかも。

あくまでもLINEに頼りすぎず、楽しく距離を縮められるよう意識しましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)