気になる彼との楽しいデートも、そろそろお別れの時間……。

そんなときは、さみしい気持ちでいっぱいになりますよね。

ここで男性に「また会いたい」と思ってもらうには、一工夫が大事。

そこで今回は、男性の印象に残る「デートの別れ際」をご紹介します。

また会いたい♡男性の印象に残る「デートの別れ際」とは?

素直に「さみしい」と伝える

デートの別れ際、「帰るのさみしいな」と相手に伝えてみるのは一つの手。

帰り際の時点で、たとえ彼が好意を抱いていない場合でも、女性側の名残惜しい気持ちが伝われば、影響を受ける男性もいるでしょう。

ついでに、その日に楽しかったことや「次はこんなとこに行きたいなー」と、次に行きたいところの話もさりげなくしてみて。

するとその日のデートの楽しさが思い出されて、「じゃあ、今度の日曜空いてる?」なんて次のデートの約束を取り付けてくれるかもしれません。

こんなふうに言葉ではっきり「さみしい」と言われると、彼も後ろ髪を引かれてしまうものですよ。

彼に触れる

さらっとお別れの言葉を伝えて別れてしまえば、彼もそのままその女性への思いを引きずる事はないでしょう。

そこで彼のに印象深く残るためには、なんらかの心のひっかかりを残すことが必要です。

そこで、手っ取り早いのがスキンシップです。

別れ際に、彼の手を握ったり、肩に触れたりしてみましょう。

もし女性側が口下手で思いをうまく伝えられなくても、彼はきっと気持ちを汲み取ってくれるはず。

もしくは、「あれはどういう意味なんだろう」と気になるはずです。

そうすると、家でもその女性のことを考えてLINEが増えたり、デートのお誘いをしてくれたりする可能性もアップします。

デートでの購入品を贈る

デートした記念に、なにかお土産をわたすのも効果的です。

「今日の記念にあげる」と言って、デート先で購入したものを帰り際に彼にプレゼントしてみてください。

たとえば、キーホルダーやお菓子など……ちょっとした安価なものがいいでしょう。

その日に購入したものをプレゼントすることで、家に帰ってからもそれを見て、彼はデートを思い出して胸キュンしてくれるはずです。

「この子を手離したくないな」なんて思ってもらえるかもしれませんよ。

印象深い女性に!

次のデートに誘ってもらうには、彼に「デートの余韻」を感じてもらうことが大切。

そのためには、感情をアクションに変えたり、ものに込めて贈ったりするのが有効です。

ぜひ次のデートで試してみてくださいね♡

(如月柊/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)