気になる彼とのLINEが途絶えてしまった……。

そんなとき、むやみに追いLINEするのは逆効果かもしれません。

では、どんなLINEが適切なのでしょう?

そこで今回は、「既読スルー後のLINEの注意点」をご紹介します。

どう返すのが正解?「既読スルー」後のLINEの注意点

違う話題に変える

気になる彼が、特定の話題にのみ既読スルーする場合。

そんなときは、違う話題に変えたほうが◎。

男性によって、聞かれたくない質問って様々ですから。

事情を知らない人に、根掘り葉掘り聞かれたくないと、彼が嫌悪感を示すかもしれません。

ただもし「仕事が大変」など、なにかしらの返答があったら「無理しないでね」と彼を労わるLINEがベター。

その積み重ねで、彼が心を開いてくれるかもしれません。

スルーされた原因を避ける

返信が来ないからと、彼に思いつきでLINEしても、またすぐにスルーされる可能性が高いもの。

そうならないためにも、なぜ返信が来なかったのか一度考えておきましょう。

たとえば「返信が早すぎて圧迫感があったのかな?」と思うのなら、ゆるいペースのやり取りを心掛ける。

「疑問形が多く、長文すぎたかも……」という場合は、彼に負担がかからないテンポにしてみるなど。

それだけで「あれ?思ったより話しやすいな」と、彼の中で印象が変わるかもしれません。

同じことを聞いていないか確認する

同じことを聞いていないか確認する

男性が返信に困るLINEの一つとして、「前と同じことを聞く」というものがあります。

そのためにも、彼との過去のLINEを、一通り見返してから連絡するのがオススメ。

そこから会話の糸口が、見つかるかもしれないですしね。

直接会ってみる

もし既読スルーからLINEに動きがあるなら、彼を軽めのデートに誘ってみるのも一つの手。

なぜなら、既読スルーの原因が「彼がSNSを不得意としている」場合があるため。

一か八かにはなりますが、また既読スルーされるよりは、関係が発展する可能性は高いはずです。

スルーされた後には…

一度でも既読スルーされると、不安からアレコレ暴走しがち。

ただ、そんなときこそ冷静になる必要があります。

頭が真っ白になってしまったときは、今回ご紹介したポイントに気を配ってみてくださいね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)