もし好きな人と付き合えたら、お互いずっとラブラブでいたいもの。

とはいえ、その恋を長続きさせるためには、どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、「彼とずっと仲良しでいるコツ」を3つご紹介します♡

末永く幸せ♡彼と「ずっと仲良しでいる」コツ3選

干渉しすぎない

「今カノとは、大学時代からずっと付き合ってます。
お互い社会人になってからデートとか連絡が減ったけど、あまり不安になったことはないかなあ。

まあ不安になったこともあるけど、相手を信じるって決めたので。
それにお互いに自分の世界があるから、干渉し合わなくなったのかも」(25歳男性/店舗設計)

いくら恋人とはいえ、すべての時間をお互いに把握し合おうとしたら、息苦しいもの。

そこで、ある程度「干渉しない」と決めて、それぞれの世界を大切にするのが一つの手。

たとえば「浮気してるかも」とか「私に隠し事があるんじゃないの?」と不安に感じたとき。

まずは「全部見せて!教えて!」と相手に詰め寄るのではなく、不安な気持ちを素直に伝えてみましょう。

またお互いに趣味を持って、会えない時間を充実させるというのも、干渉したい気持ちを抑えるのに有効ですよ。

スケジュールを共有しておく

「仕事柄、残業が続いたり週末返上で仕事が入ることもある。
でも彼女に疑われたくないから、カレンダーアプリでお互いの予定を共有しています。

たしかにプライバシーに踏み込んでる気がするけど、不安から大きなケンカとかになるよりいいかなって思います」(27歳男性/IT)

とくに社会人同士のカップルだと、お互いの予定が合わず、なかなかデートができないこともあるでしょう。

こうなると、思わず彼に不満をぶつけたくもなるでしょう。

ただ彼のコンディションが悪いと、大きなケンカに発展することもあるはず。

そんなすれ違いを避けるためにも、はじめから不安のタネを潰しておくのがオススメですよ。

相手に合うものを贈る

「僕と彼女は、お互いに音楽の趣味が似てるんです。
だから最近は、誕生日プレゼントとして結構マニアックな音楽グッズを贈ってます。
もちろん相手が絶対喜ぶって分かってるやつ。

なんか王道のアクセサリーとかを選ばないあたり、2人だけの絆を感じて嬉しいんですよね」(30歳男性/自営業)

お付き合いが長くなると、プレゼントのネタ切れが起こることもあるでしょう。

そんなときは、周りのトレンドに流されず、相手の好きな趣味に関するものを贈るのがオススメ。

お互いに「自分のこと一番よく分かってるのは、この人!」と絆の深さを実感できるはずです。

信頼感がポイント

ずっと仲良しでいるためには、相手のことをよく観察し、信頼し合うのが大事。

もし、いま大事な人がいるなら、ぜひ真似してみてくださいね♡

(愛カツ編集部)