付き合う前の時期って、かなりデリケート。

そのため、些細なことでも恋愛対象外になりやすいもの。

そこで今回は、一瞬で「恋心が冷める」女性の言動について、男性に聞いてみました。

これを避けて、恋の成就を確実にしていきましょう♡

男性に聞いた…一瞬で「恋心が冷める」女性の言動とは?

ものを大事にしない

「同棲していた元カノが、結構だらしないタイプだった。
家に帰ってくるなり、スマホをソファに投げたり、冷蔵庫のジュースをラッパ飲みしたり……。
なんか呆れちゃって、好きって気持ちがなくなった」(30歳男性/営業)

ものを雑に扱ったり、すぐにものをなくしたりする女性っていますよね。

そんな女性には、付き合ったら大事にしてくれなさそう、とガックリする男性もいるようです。

もしウッカリ屋さんなら、なにか対策をするなど、改善する姿勢を見せておいたほうが安心ですよ。

主食がお菓子ばかり

「ちょっといいなと思っていた女性が『私の体はお菓子からできてるから〜』と自慢げに言っていて萎えた。
10代ならまだしも、30手前の女性がそういうこと言う?
健康的に心配だし、なんかズレているなと思いました」(36歳男性/IT)

食事に気を遣っている女性は、生活もちゃんとしていると好印象を持たれるよう。

一方で、お菓子ばかり食べて生活をしているのには男性も感心しないかも。

だらしないと思われるだけでなく健康にも良くないので、栄養バランスを考えて食べてみてくださいね。

酒癖が悪い

「前に勤めていた会社にめっちゃ美人な先輩がいたけど、忘年会で酔っ払って上司に悪絡みしてる姿を見てしまって……。
これじゃ彼氏ができてもデートで嫌われちゃうだろうなぁ……って引いた」(36歳男性/広告)

お酒をたしなむのはいいですが、お酒に飲まれてしまうのは考えもの。

とくに周りの人に迷惑をかけるような飲み方をするのなら、飲む量は控えたほうが◎。

たくさん飲みたいときは信頼できる人や、家族の前でだけにしておきましょう。

言い訳グセがある

言い訳グセがある

「元カノが毎度のようにデートに遅刻してくるし、言い訳ばかりだった。
ついでによく約束もすっぽかしてたし。
会社でも遅刻ばかりしていたみたいで、なんか社会人としてナイなぁって」(36歳男性/公務員)

ルーズな性格は「だらしない」というレッテルを貼られがち……。

性格を直すのは難しいですが、周りに迷惑をかけるレベルなら、改善を目指したほうが◎。

結果、好印象になり、いい恋を引き寄せるきっかけにもなるでしょう。

なんでも親に相談している

「少し前にデートしていた子が、28歳なのに引越しするにも、転職するにも、ペットを飼うにも、何をするにも母親に許可を得てから行動をしていた。

さらに毎日母親におはようLINEを送ってるらしくて……もうシンプルに驚愕」(26歳男性/SE)

学生ならわかりますが、自分のことをなんでも親に聞くって自立していない印象を与えるようです。

もし子どもをコントロールしようとしている場合なら、子どものほうから距離を取るのも一つの手ですよ。

「だらしない」は損かも!

自分では「これくらいいいだろう」と思っていることでも、周りからしたら「だらしない」と思われていることもあります。

こういった言動は、一瞬で男性の恋心を冷ましてしまうこともあるよう。

無理に周りに合わせる必要もありませんが、だらしないって自分も周りも損をしがち。

それを避けるためにも、当てはまるなら少しずつ見直してみてもいいかもしれません。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)