彼からきたらぞっとするLINE

暇だしなんか寂しい……そんなとき、彼にLINEを送る女性も多いのではないでしょうか。

でも、かまってほしい気持ちでしたLINEも、男性からすると引かれてしまうこともあるようです。

そこで今回は、男性にドン引きされる「かまってLINE」をご紹介します。

【愛が冷めちゃう…】男性ドン引きの「かまってLINE」とは

突然「私のこと好き?」と聞かれる

「彼女から『ねえ、私のこと好き?』っていきなり来ると、こっちも身構えますね。なにいきなり?って思うし、好きだよって言うと「じゃあなんでほっとくの」ってなぜかこっちを追及してくるんですよ。

僕がなんかそっけなかったとか、そう言いたくなる理由があるんだろうけど、『また喧嘩になりそう』って警戒しちゃいますね」(24歳男性/IT)

甘えてきたと思ったら、それが攻撃につながると、男性としては裏切られた気分になるようです。

「好きなら○○できるよね?」と自分の要求を通すための質問は、「寂しくさせちゃったかな?」と反省するより「うぜえ!」と思う男性の方が多数派です。

反応を見て極端に態度を変えるのはNGです。

寂しくなると自虐

「残業があって彼女に連絡しなかったら、いきなりLINEで『私ってかわいくもないし、いい子でもないのに、なんで付き合ってくれてるのかな?本当は退屈だよね?』と彼女に言われてびっくり。

なにかあったのかと思えば『私が連絡しないとLINE来ないから』だって。それは申し訳ないけど、平日は忙しいんだよね。いきなり自虐されても引くだけだよね」(28歳男性/広告代理店)

なかなか連絡をくれない彼に、自虐をぶつけることでかまってもらおうとする女性もいるようです。

でも、カップル間でも忙しさや連絡ペースに差があることも。

彼が連絡をくれないことと、関心がないことはイコールとは限りません。

自虐をすればびっくりしてかまってくれる男性も多いですが、自分の機嫌は自分でとるようにしたほうが、長い目で見れば愛されるでしょう。

少しの間に連投LINE

少しの間に連投LINE

「ちょっとスマホから目を離したら、未読が20とかたまってて、それが全部彼女からだったのでドン引き……。

しかも、大したこと書いてなくって、ただ「やっほー」「なにしてる?」「超ヒマー」みたいなのが20個。本当にヒマなのはわかるけど小分けにすんな!って思いますよ」(30歳男性/美容師)

「大量の未読」でテンションが下がる男性も多いです。

その未読数を見ただけで「無理!」と思ってしまうそう。

大したことない用件を小出しにするのは「本当にヒマで、なにも考えずにLINEしてきたんだな」と思わせてしまう元です。

用もないLINEが苦手な男性も多いので、最低限の文章の体裁は整えて送りましょう。

なんの要件かわからない「今ヒマ?」

「要件を言わずに、『いまヒマ?』から始まる女子のLINE、嫌ですねー。ヒマかどうかは要件によって決まるっていうかさ。

ただヒマだからかまってほしいだけだったら、探ったりしないで『かまって』って言ってくれるほうがかわいげがあるよ」(29歳男性/コンサル)

女性に限らず、「要件をさきに言え!」と嫌われがちなのがこのパターン。

うっかり「ヒマ」と言ってしまって、「じゃあ私もヒマだから電話しよ」なんて言われるのは避けたいという男性が多いです。

自分のテンションにつきあわせるために、断りにくい質問の仕方を選ぶところが、この方法の嫌われポイント。

素直に「いま時間あったら、ちょっとだけ電話に付き合って」とお願いしたほうが好印象でしょう。

突然送られるのが嫌なのかも

こちらはヒマでいろんなことを考えたうえでのLINEだとしても、男性から見て「いきなりなんだ?」と思われるのがうざいLINEのポイントのよう。

「これ、面倒な話につながるのでは?」と思われてしまうのは、返信がこないどころか愛情が冷める原因になるかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)