男友達は多いのに、なかなか彼氏はできない……とお悩みの方はいませんか?

「友達止まり」になる、なにかしらの理由があるのかもしれませんよ。

今回は、男性の意見をもとに、恋愛には発展しない女友達の特徴を5つご紹介します。

男性に聞いた!恋愛に発展しない女友達の特徴5つ

1:情緒不安定で病みがち

「暗い発言ばかりで、深夜に意味深ツイートをして承認欲求を爆発させているような子とか、メンタルが病みやすい子は無理ですね。

過去に情緒不安定な子と付き合って、かなり辛い思いをしたので、もうこりごりです」(31歳男性/IT)

暗い気分になると、SNSで意味深な投稿をしたり、男性にその気持ちをぶつけたりすることはありませんか?

誰にでも暗い気分になることはありますが、情緒不安定な姿を見せびらかすのは、不快に思う人も。

とくに深夜はマイナス思考になりがちなので、スマホに触らず早く寝るようにしましょう。

2:価値観が違う人を全否定

「幼なじみの女性は、仲いい人には優しいんだけど、価値観の違う相手には攻撃的な態度になるんです。幼なじみとはいえ、勝手に周りを敵と味方に分けて接する人は苦手で……一定の距離を保っています」(24歳男性/不動産)

生きていれば、価値観の合わない人に出会うこともあるはず。

自分と価値観が合わない人を頭ごなしに否定するのではなく、お互いの考えを尊重できるようになるといいですね。

3:完全お笑い枠

「ユーモアのある子は好きだけど、口説く対象ではないかも。どんなにかわいくても、女性としての色気を感じられないと、キスしたいとか抱きたいとかは思えないですね」(33歳男性/広告)

その場を盛り上げるために面白いことを言ったり、一発芸をやったりする人もいるでしょう。

「面白い」と思われて人気を集めるかもしれませんが、恋愛対象として見られないことがあるよう。

ユーモアと色気のバランスを考え直すのがいいかもしれませんね。

4:過去の恋愛話を自慢げに語る

「ちょっと気になる子が、『不倫した』とか『元カレが社長で海外旅行に連れて行ってもらった』とか言ってるのを聞いて、気持ちが冷めましたね。不毛な恋愛とか、元カレ自慢を聞いて好きになる男なんていないし……」(34歳男性/人材)

過去の恋愛話は盛り上がることもありますが、聞かれてもいないことを自慢げに話すのはNG。

「すごい経験をした」というアピールは、かえってあなたのイメージを下げることにつながりかねません。

付き合う前になんでもペラペラ話すのは控えたほうがいいでしょう。

5:男性に対する理想が高い

「学生のころ、気になる子が女同士の会話で『初デートでおごってくれない男は絶対無理』『付き合うなら車を持っている人!』などと言っていて、一気に冷めたことがあります」(28歳男性/コンサル)

女性同士の会話だからといって、なにを言っても大丈夫なわけではありません。

たまたま気になる彼に聞かれたり、誰かがその話を伝えたりするかも。

ほかの人に聞かれて困る話は、しないようにしましょう。

普段の言動を見直そう

あなたの無意識の言動が、友達止まりの原因だったのかもしれません。

恋愛に発展させたいと思うなら、少しずつ改善していきましょう。

友達がたくさんできるということは、あなたは魅力的な人であるという証拠のはずですから。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)