彼氏との付き合いに違和感を抱きはじめたら、それは別れのサインかもしれません。

目をそらさず、きちんと向き合ってみましょう。

今回は、彼との別れを考えるときに心がけることを3つご紹介します。

どうするのが正解?彼との別れを考えるときに心がけること3つ

1:別れる理由を考える

別れを考えたときに、「別れ話切り出すのいやだな」と感じる人がいるかもしれません。

相手がどんな反応をするかわからなくて、不安になる気持ちもあるでしょう。

別れを切り出す側は心の準備ができているのに対して、切り出される側はいつも突然。

彼が納得できるような理由を用意しておくといいかも。

その際は、彼のふがいなさを指摘するのはNG。

相手を責めず、自分の考えを伝えましょう。

自分から振るのに「友達のままでいたい」と言うのは、無責任かも。

きちんと別れることが、お互いのためになるはずですよ。

2:彼の今後の幸せを思う

別れを切り出してそのまま離れるのは、少し無責任かもしれません。

今まで当たり前だった存在が、突然なくなるのは誰にとっても不安なことでしょう。

突然の別れを経験すると、しばらくは虚無感との共存になるはず。

彼があなたを引きずったままだと、いつまでも前に進めなくなります。

少しでもはやく立ち直ったり、日常生活を難なく送れたりするように、彼の幸せを願った行動をしましょう。

3:次の恋は別れてから

3:次の恋は別れてから

彼と別れるにあたって、「ほかにいい感じの人ができた」や「好きな人ができた」が理由になっていませんか?

本格的に新しい恋をするのは、彼とのけじめをつけてからにしましょう。

中途半端な状態で始まった恋は、中途半端な形で終わるはず。

彼にそのことが知られたときには、泥沼化も待ったなしです。

自分から別れを告げるのなら、そのくらいのけじめはつけるようにしましょう。

最後まで思いやりを忘れずに

好きで付き合った相手でも、付き合うちに「合わないな」と感じることもあるはず。

どうしてもわかりあえないときは、別れるのも一つの手段です。

これまで付き合った彼と、そしてあなたの幸せを考えて決断するようにしましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)