アラサー女性のなにげない一言で、男性に「そんなこと言わなければかわいいのに……」と思われてしまうこともあるようです。

そこで今回は、アラサーが言いがちな「非モテセリフ」をご紹介します。

つい口にしそうになったときは、グッと我慢してくださいね。

反応に困るかも…アラサーが言いがちな「非モテセリフ」とは?

「もう若い子には勝てないよ」

「『若い子には勝てないよ』と言いながら、メイクもファッションも20代意識。対抗しようとしてる感じが見ててイタイ」(30歳/アパレル)

年齢を重ねてきた分、人生経験が豊富になったり、精神的な落ち着きを得たりと、見た目の若さ以上のものをアラサー女性は得ているはず。

あまりに若作りなファッションは、逆に浮いた感じに見えるかも?年相応の着こなしを身につけたいですね。

「まぁ、もうおばちゃんだし」

「会社の同僚がことあるごとに『もうアラサーだし』とか『どうせおばちゃんだし……』と言ってくる。笑いをとろうとしてるのかもしれないけど、返答に詰まる。『そんなことないよ、まだまだ若いよ』と言ってほしいのか?」(33歳/飲食)

アラサーになると、年齢を自虐ネタとして取り入れようとしがちかもしれません。

でも、周りの人は、年齢をネタにされてもなんて返答していか分からず困惑しているのかも。

つい「アラサーだし」と言いたくなったら、お口チャック!がベター。

「一人で生きてくつもり」

「一人で生きてくつもり」

「アラサーの先輩女性。飲み会のときに『結婚はしないつもり、一人でも生きていけるし』と言ってるのを聞いて残念だと思った。別に言わなくてもよくない?」(28歳/銀行)

独身のアラサー女性の場合、結婚をしないという選択をする人もいるかもしれません。

ある程度、一人でも生きていけるだけの資産を築いている人もいるでしょう。

でも、結婚はしてもしなくても個人の自由なので、わざわざ口に出さなくてもよいのかもしれません。

年を重ねた魅力を磨いて♡

30歳前後になると、「もう若くないし……」と思い始める女性が多いかもしれません。

でも、女性の平均年齢が87歳を超えた現代において、人生の黄金期は20代だけではないのでは?

ある程度人生経験を積んだアラサーからが勝負です!

ネガティブにならず、どんどん輝いていきましょう!

(恋愛メディア・愛カツ編集部)