彼氏にもっと愛されたい!彼氏をドキッとさせたい!と考えるのは、好きな気持ちがあればこそ。

たしかに、彼にキュンとしてもらえたら、マンネリ防止にもなるでしょうし、愛も深まるはず!

そこで今回は、男性たちの「彼女にされたいこと」について聞いてみました。

彼らが望む愛情表現とは、いったいどんなものなのでしょうか?

どうしたってキュンです…!男性が「彼女にされたいこと」って?

「付き合い」を理解してほしい

「最近はあんまりないですけど、仕事の付き合いで、夜遅くまで飲んだり女の子がいるお店に行ったりすることもなくはないです……。

彼女には申し訳ないとは思いますけど、理解してもらいたいし、快く送り出してもらいたいです」(28歳男性/営業)

女性としては彼氏が夜遅くまで飲み歩いたり、女性がいるお店に行ったりするのは嫌ですよね。

でも、ある程度は仕事や付き合いだと理解し、怒りすぎないことも大切。

ヤキモチは必ず、かわいく妬くことがポイントです。

理解を示せば、逆に彼も「ちゃんと彼女の元へ帰ろう」「ハメを外し過ぎないようにしよう」と思うものなのですから。

家事を手伝ってほしい

「勝手に彼女に家事をされるのは嫌だけど、皿洗いや洗濯をしているときに横でさりげなく手伝ってくれると嬉しいし、気が利くなと思います」(31歳男性/サービス業)

家庭的な魅力がチラ見えする優しさや気遣いも、男性が嬉しくなる行動のひとつ。

ただし、勝手な行動は嫌、お節介は鬱陶しいという気持ちも男性の本音のようです。

「彼のためになにかをしてあげたい」という気持ちが空回りしないよう、「彼の横で」「彼の了承を得てから」お手伝いしてみてください。

耳かきをしてほしい

「彼女にしかお願いできないことだからこそ、してもらえたら嬉しいです。膝枕も嬉しい!」(27歳男性/製造業)

耳かきだけではなく、ひげぬき、眉毛のお手入れといった少数意見も見られました。

彼女にだからこそ甘えたい、お世話してもらいたいという気持ちが男性心理としてあるのかもしれません。

とてもパーソナルなスキンシップだからこそ、心の距離も縮まりそうです。

バックハグをしてほしい

「後ろから抱きつかれて甘えられるの、マジでたまんないっすね……!」(24歳男性/美容師)

バックハグが嬉しいのは、女性だけではないようです。

背中にぬくもりを感じることで安心感が得られることも、男心をくすぐるのかもしれません。

こちらから甘える方法としてもおすすめですが、彼が疲れているときなどにバックハグすれば、甘えさせてあげるきっかけにもなるはずです。

男心に応えてあげてもいいのかも

今回調査した内容を見ていくと、多くの男性が「彼女には甘えたい」という気持ちを持っていることが見えてきます。

彼氏に甘えるだけではなく、ときにはとことん甘えさせてあげる。

そして、男の都合にも多少の理解を示してあげる。

そんな意識を忘れずにお付き合いできれば、ずっと仲良しな関係を築いていけるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)