知らず知らずのうちに、男性が嫌がるLINEを送ってしまっていた……。

もし好きな人相手に、そんなことをしていたらショックですよね。

そこで今回は、男性目線で「返信をためらうLINE」をご紹介します。

この子無理…男性が「返信をためらう」LINEとは?

長文or連投すぎる

LINEのトーク画面を見てみると、長文すぎて、画面の半分以上を占める吹き出しになっていませんか?

あるいは、いくら短文でも5、6個連続で送信していませんか?

こうしたLINEが多いと、パッと見たときに、相手の男性は無意識にプレッシャーを感じてしまうようです。

彼のレスポンスが来てから、その様子に合わせて返信するというのがベターでしょう。

催促LINE

「忙しい?」や「返事待ってるね」など、返事を催促するLINE。

そんなLINEは、せっかく返事をしようと思っていた彼の気を削いだり、「重いな」と印象を悪化させたりしがち。

とくに出会ってすぐの頃は、ゆっくりペースでLINEを重ね、彼にとって楽なペースを把握してみてください。

それから相手が興味を持つ話題を中心に、お互いが自然に会話を楽しめるペースを作っていくのがオススメです。

返信の要らない話題

たとえば、「ねえ、聞いて!今日は○○なことがあってさ~」などの話題。

こういった「ただ聞いてほしい話題」に対し、返信に困る男性もいるようです。

男性にとって、会話は「情報の交換」であることが多く、共感を求めらても困るというのが本音。

まず、何が起こって、どうなったのか。

それをハッキリ説明し、相手が事態を把握してから、どう思ったのかを説明すると伝わりやすくなるはず。

1日になんどもやり取りする

1日になんどもやり取りする

たとえば朝起きてLINEが来て、数回やり取りして会話が終わるとします。

今度は、同じようなLINEが昼と夕方にもきて、さらには深夜にも……というのが毎日続いたら。

男性のなかには、「またか……」「さすがに話題のネタ切れ」と億劫に感じる人もいます。

とくに関係が浅いうちは、「もっとLINEしたい!」と少し物足りないくらいが、案外ちょうどいいかもしれませんよ。

じっくり考えるような話題

LINEでの会話が盛り上がり、やりとりがしばらく続くことってありますよね。

あるいは、真剣な悩みや相談をしているとき。

ただ、マルチタスク(同時に複数のことをする)のが苦手な男性も多く、相手はもしかしたら、やりかけていた作業をストップして、LINEに付き合ってくれているのかもしれません。

ですから20分、30分と続くようなLINEが頻繁にあると、負担になりかねません。

「今日も長くなりそう……」と思われないためにも、10分程度にとどめるか、長くなりそうなら「今夜、電話してもいい?」とお願いしてみましょう。

直接のコミュニケーションも重視しよう!

コミュニケーションをLINEに頼りすぎていると、NGになるLINEを送りがちです。

あくまでもLINEはコミュニケーションのサポートツール。

会って話すことをコミュニケーションのメインにしておけば、恋の進展もしやすくなるでしょう♡

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)