気になる彼と、デートできる関係になった!

そんな場合、デートがうまくいくかどうかが、今後の恋の展開を左右することもありますよね。

とくに育ちの良し悪しが出やすい「食事」シーンは、注意が必要です。

そこで今回は、食事デートの「NGマナー」をご紹介します。

男性ドン引き…食事デートの「NGマナー」とは?

会話よりも写真撮影に夢中

「本命の子を誘って、おしゃれなレストランを予約しました。
当日、その子が喜んでくれたのはいいんだけど、コースメニューをいちいち写真に撮ってて……。

メインやデザートをさっとスマホで撮るくらいならいいけど、料理が冷めてもなお、SNS映えのために夢中でドン引き。
会話も食事も、全然楽しめなかったです」(29歳男性/公務員)

多少の撮影タイムなら、「楽しんでもらえて嬉しい」と感じる男性もいるようです。

ただ自分だけ先に食べるわけにはいきませんから、男性はじっと撮影が終わるのを待っているかもしれません。

そこでもし「僕と話すより、写真を撮るのに必死なんだ」と思われると、次はないでしょう。

注文を丸投げしたのに文句を言う

「初デートのお店で『私はよくわからないので』とメニュー選びを任されました。
でも料理が出てきたら、その子が『キノコ全般、苦手なんですよね』ってお皿の端によけはじめて……。

なんかお皿の上が汚かったし、苦手なものがあるなら注文前に教えてよって思いましたね。
楽しんでもらいたかったのに……」(29歳男性/営業)

男性にメニュー選びをお願いするのはいいとして、「食べられないものは伝える、丸投げするならケチはつけない」は鉄則。

「選んでもらってるのに悪いから」と、自分の意見を言わない女性もいるでしょう。

しかし、結局残したり顔をしかめながら食べるなら、オーダー前にそっと伝えたほうが◎。

テーブルに運ばれてからアレコレ言われても、男性は困ってしまうだけでしょう。

食生活についてアレコレ意見する

食生活についてアレコレ意見する

「僕が油ものばかり頼んでいたら、『野菜も食べなきゃダメ!普段食べないなら、こういうとこでは食べておこうよ?』ってダメ出しされて……。
結局、僕の食べたいものそっちのけで、野菜メニューばかり机の上に並びました……」(26歳男性/エンジニア)

放っておけば、肉と米と油しか食べないような男性も確かにいます。

ただデートのときぐらい、好きな人と一緒に、好きなものを食べたい!という男性もいるはず。

そんな男性に対して、ダメ出しや押しつけをするのはNG。

お互いに食事を楽しめるよう、世話焼きは封印しておきましょう。

許可なく飲み放題を注文する

「断りもなく飲み放題を頼まれるのは、ちょっとナシ……って思います。
僕は会話を楽しみたいけど、その子はお酒をたくさん飲みたいだけなんだなって思って、普通にショックです」(26歳男性/企画)

もちろん相手もお酒を飲むのが大好き!というケースは例外。

ただ、酔っぱらうとキチンと話せないから、お酒はたしなむ程度でOKと考える男性もいます。

そんな男性からしたら、突然飲み放題を頼まれるのはNGでしょう。

2軒目に行く、ボトルで注文するなど、じっくり飲めるような工夫は必須です。

食事デートで印象が変わるかも…

食事の様子からは、その人の性格や育ちなど様々のことが読み取れます。

そのため、作法が完璧でもNGな印象を持たれることもあるのです。

とくに今回ご紹介したポイントに注意して、彼とのデートを一層楽しんでくださいね♡

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)