デートを何度か重ねる関係になったのに、脈ありだと思っていたのは自分だけ……?

なんてことがあり得るかもしれません。

今回は、男性が何度もデートに誘う理由をご紹介します。

男性のストレートな意見をご覧ください。

男性に聞いた!何度もデートに誘うって脈ありじゃないの?

ただ楽しい時間を過ごしたいから

「デートってたしかに特別なものだと思います。ただ、それは選択肢の一つであって、男友達と遊ぶのも楽しいし、女の子とデートするのも楽しいし……といった感じです。

『とにかく楽しければOK!』ということも多いので、何度かデートをしたからといって、相手を好きとはハッキリ言えませんね。

でも、一緒にいて楽しいのはたしかです。そこからどういう関係になるかが大事だと思います」(28歳男性/音楽関係)

デートだからといってなにか特別な感情があるわけではなく、ただ楽しい時間を過ごせるから……という男性も。

男友達と遊ぶのと同じ感覚で、デートに臨んでいるのだとか。

そこから恋愛関係に発展しないわけではないようなので、じっくり時間をかけるのがいいかもしれませんね。

自尊心が満たされるから

「基本的にデートすると、『男の自尊心』が満たされるんですよね。『女の子と遊びに行ける俺、できる男じゃん!』みたいな感じで楽しいし、嬉しくなります。

でも『付き合う気あるの?』って言われると、数回目のデートだとまだ微妙な感じです。

1回目で夢中になる子もいれば、何回もデートしてやっと恋愛感情が芽生えることもあるので、単純に『デート=脈あり』とはいえないと思いますね」(25歳男性/アパレル)

男性のなかには、女性とデートすることをある種ステータスだと考えている人がいるようです。

デートすることが必ずしも、脈ありだとはかぎらないのかもしれません。

デートまでこぎつけて満足するのではなく、そこからさらにあなたの魅力をアピールするといいでしょう。

気になっているから

気になっているから

「何度かデートしているのであれば、恋人になれる可能性はあると感じています。でないと、デートなんてしないですからね。

でも2回目以降のデートでは、この子は『特別な女性』なのか、あるいは『ただの友達』なのかが決まると思うんです。

もしほかに気になる子ができたら、次は誘わないと思います。3回目、4回目……とデートが続くうちは、恋人になれる可能性はあると思いますよ」(30歳男性/証券)

男性にとって、フリーの期間は同時進行が当たり前な場合があるようです。

そのため何度かデートを重ねているのに、ほかの子を選ぶ……なんてことも。

しかし、3回、4回……とデートが続くうちは、脈ありの可能性があると思ってもよさそうですね。

デートで魅力を伝えよう

何度かデートを重ねているのにうまく進展しない人は、魅力の伝え方が足りないのかもしれません。

1回目のデートのあと、2回目以降もデートができたなら、脈ありの可能性はあるはず。

相手の反応を見ながら、距離を縮めていけるといいですね。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)