能動的に愛するのが得意な男性と、受け身で愛される方がうれしいという男性がいます。

彼がどちらのタイプかを知れば、今後の恋愛をどう進めるか考えることができますよね。

男性の12星座別に、その男性が恋愛において「愛したい派か、愛されたい派か」を占いました。

あなたの気になる彼は、どっち派でしょうか?

前編に引き続き、後編はてんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)の方のご紹介です。

【後編】星座で占う♡気になる彼は「愛したい派」?「愛されたい派」?

てんびん座(9/23~10/23)の男性

【愛されたい派】

恋愛でもスマートにふるまえる、バランス感覚の優れた、てんびん座の男性。

精神的に安定しているので、恋人を愛することはお手の物かもしれません。

しかし、本音は愛するより愛されたい派。

自分に厳しい、てんびん座の男性は、自分の心を癒してくれる存在を求めているでしょう。

さそり座(10/24~11/21)の男性

【愛したい派】

さそり座は、一途な愛情を恋人に向ける星座です。

恋愛は、愛し愛されていることが大前提と思っているでしょう。

そのうえで、自分にできうる限り相手を愛したいと思います。

プレゼント選びや、デートの演出をつねに考え、恋人を喜ばせたいと考えているはず。

いて座(11/22~12/21)の男性

【愛したい派】

いて座の男性は、とにかく自由に行動したいタイプです。

恋人を愛し方も、自分のペース。

特に恋愛成就までは、これでもか!というほど愛情表現が激しくなるでしょう。

愛されることも嫌いではありませんが、人から口を出されたり、束縛されたりすることは苦手な傾向にあります。

やぎ座(12/22~1/19)の男性

【愛されたい派】

非常に努力家な、やぎ座の男性。

仕事など、やらなくてはいけないことを常に気にかけているので、神経がすり減り気味。

恋愛でも、もっと恋人を愛さないといけない……と思いながらも、なかなか実現できないかも。

女性から愛情表現をすることで、自信を得ることができるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)の男性

【愛したい派】

自由奔放な、みずがめ座の男性。

恋愛であっても、そのスタンスは変わらないでしょう。

相手からの愛を素直に受け取ることが苦手です。

むしろ、自分のペースを保てる愛し方で、恋人と接していたいと思うでしょう。

うお座(2/19~3/20)の男性

【愛されたい派】

うお座の男性は、恋愛体質。

自分からも愛したいし、もちろん愛されたいと考えています。

どちらかと言えば、愛されて甘やかされる方が好きかもしれませんね。

愛される程に、素の姿が見えてくることでしょう。

やや依存傾向にあるので、彼女からの愛を感じないと、自信を失ってしまうかも。

彼の恋愛傾向を掴もう!

あなたの彼氏や、気になっている男性はどちらのタイプだったでしょうか?

彼のしたい恋愛を知っておけば、ふたりの関係を良くするのに役立つはず。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

(明石実夕/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)