異性に対するフェティシズムは、誰もが大なり小なり持っているものです。

意識しているわけではないのに、不思議と気になるのは、もしかするとフェティシズムのせいかもしれませんね。

そこで今回は、男性の誕生月から、気になる彼が「なにフェチ」なのか、占いました。

前編に引き続き、後編は7月~12月生まれの男性をご紹介します。

【後編】誕生月占い♡気になる彼は「なにフェチ」?

7月生まれの男性

【肌フェチ】

7月生まれの男性は、ポーカーフェイスが得意。

気になっている女性がいても、顔に出すことはしないでしょう。

そんな彼を落とすには、意外と色仕掛けが有効かも。

ただ、初めのうちは「興味ありません」という素振りで、自分のドキドキを隠そうとするでしょう。

そこで、生足を見せたり、背中の開いた服を着てあなたの素肌をアピールしてみましょう。

普段よく見える顔のスキンケアも効果的でしょう。

8月生まれの男性

【笑顔フェチ】

彼は、相手に対するサービス精神から、恋愛がスタートするタイプ。

自分のとったアクションで喜んでくれたり、笑顔になってくれたりする女性にキュンとするでしょう。

そのため、表情豊かな女性や感謝の気持ちを忘れない女性に好意を抱きがち。

そう、彼は笑顔フェチなのです。

普段からにこやかでいることが大事なので、口角を上げるエクササイズが効果的を発揮するでしょう。

9月生まれの男性

【手フェチ】

9月生まれの男性は、恋愛の理想が高いタイプです。

「この部分だけは譲れない」という条件を持っていることが多いでしょう。

綺麗好きであったり、自分磨きに勤しんだりする女性への好感度が高くなりがち。

そんな彼は「手フェチ」です。

ハンドクリームや爪磨きで、手を美しくケアしておきましょう。

ケアした手が綺麗に見えるように、ネイルや指輪で飾るのもいいかも。

10月生まれの男性

【二の腕(脇)フェチ】

自分に厳しい、10月生まれの男性。

お付き合いする女性に対しては、そこまで理想は高くありません。

意外にも奥手なので、彼からのアプローチは控え目でしょう。

そんな彼が、つい目で追ってしまうのが、二の腕です。

しっかりケアした上で、ノースリーブやシースルーのトップスを着れば、きっと彼の目を奪えるはず。

11月生まれの男性

【声フェチ】

11月生まれの男性は、恋愛に対するガードが堅め。

しかし、一度懐に入れた人には、とことん尽くす傾向にあります。

彼の取っ付きにくさに挫けずにアプローチしましょう。

特に、穏やかで落ち着いた声で話しかけるのが効果的。

電話などで、囁くような声を聞けば、ドキッとするはず。

12月生まれの男性

【髪フェチ】

一見大人しそうに見える、12月生まれの男性。

しかし、恋愛においては、かなり積極的なタイプです。

アプローチはそこまで積極的ではありませんが、要所要所でさりげなくアタックしてくるはず。

彼の好みの女性のタイプは、髪の綺麗な女子。

髪フェチの彼の前では、なるべく長く、艶のある髪を意識して。

ヘアアレンジは、ポニーテールが効果的でしょう。

彼の好みに合わせてアプローチ

気になる彼は、なにフェチでしたか?

彼の気持ちを自分のほうに向けるには、自分の魅力と彼の性格を知っておくのが鉄板です。

そこにもう一点加えるなら、彼のフェチを知っておくことも考慮しておくといいかもしれません。

感覚的にあらがえない好みの嗜好を把握することで、彼も無意識のうちにあなたに惹かれてしまうかも……。

もしかすると彼のフェチを知るというのは、彼の隠された好みを知るということなのかもしれませんね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)