女性のなかには結婚を急いでいるのか、合コンやデートの際に、家庭的な自分をアピールする人もいるのではないでしょうか。

もちろん、「へ〜〇〇ちゃんって家庭的な子なんだな」と信じてくれる男性もいるでしょう。

一方で、あまりにあからさますぎると引いてしまう可能性も……。

そこで今回は、さりげなく男性に「家庭的アピール」をする方法を伝授します。

さりげなく伝える!男性への「家庭的アピール」とは

欲しいものは、家を連想させるもの

必死で家庭的アピールをしても、彼に欲しいものを聞かれた際に「ブランドものの財布!」など言ってしまうと、家庭底アピールしてるのに家庭的な感じが若干弱まりますよ。

もちろん、別に欲しいのなら素直に答えていいと思います。

ですが「フライパンセットが欲しい」「新しい空気清浄機がいいなぁ」「おしゃれなベッドカバー探してて」など、どこか家を想像させるような物を言った方が、家庭的な感じは強くなるでしょう。

家庭的な自分をちょっとアピールしたいのなら、細かい部分で家庭的感を出した方がいいかもしれません。

作り置きで「普段から料理している感じ」を

「結婚したいのなら彼の胃袋をつかめ」と言われるように、彼が家に遊びに来た際、手料理を振舞う女性も多いのではないでしょうか?

手際よくパパッと料理ができたら、きっと彼も『きっと良い妻になるんだろうなぁ』と感心するはず。

けれど、彼が来たときだけ料理しても家庭的な感じは弱いかもしれません。

料理を振舞う&作り置きのおかずも出すくらいの方が家庭的な感じを強く印象付けますよ。

作った料理と一緒に「これ作り置きのでアレだけど」と一品プラスで出したら、彼も『普段から料理してるんだなぁ』と感心するでしょう。

落ち着いた見た目で柔らかい雰囲気

落ち着いた見た目で柔らかい雰囲気

口で「料理が得意」だの「子どもが好き」だの言ってても、ぱっと見が派手で気性の激しい性格では……家庭的には見えにくいです。

ぱっと見の雰囲気と、だいたいの性格である程度イメージって決まってしまいがち。

どんなに口で家庭的アピールしても、最初に抱いたイメージが家庭的から遠いと、それを覆すのはちょっと難しいもの。

家庭的な自分を売りたいのなら、雰囲気と性格は気をつけたほうがいいかもしれません。

派手・個性的なファッションやネイルを控えてみて、しっとりめのファッションを心がけてみたり、自分が話したいのをちょっとこらえて聞き役に回ってみたり。

少し気をつけてみると、いくらか雰囲気がやわらぐはずですよ。

家庭的な感じが強いほうが男性に遊ばれにくいし、男性も結婚を考えたときにあなたを本命にしやすいでしょう。

家庭的な空気が自然とアピールに

少しでも家庭的な自分を見て欲しくて、自分からアピールする女性もいるかもしれません。

でも、アピールしなくても家庭的な空気を出せば、男性も『この子、家庭的なんだろうなぁ』と自然と感じています。

「料理得意なの!」「子ども大好き!」と言葉で語るより、雰囲気で醸し出したほうが良さそうです。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)