大好きな彼氏とは、別れずにずっと一緒にいたいと思いますよね。

別れやすいカップルにはどんな特徴があるのでしょうか。

今回は、長続きしにくいカップルの特徴をご紹介します。

知っておけば、別れを予防できるかもしれませんよ。

すぐ別れる?長続きしにくいカップルの特徴

相手に期待しがち

付き合う前は「相手によく思われたい」と思って行動していたものの、付き合ってからそれを維持をするのは大変……なんて経験はありませんか?

もともと張り切ってアプローチしていると、それがなくなったときには物足りなさを感じるかも。

また、相手に期待しやすい性格の人は「なんでやってくれないんだろう」と思いがちに。

期待されることへの疲弊や、現実とのギャップに苦しむことになるでしょう。

見栄を張らず、期待しすぎない、自然体での付き合いが大切になります。

「好き」の温度が違う

2人の「好き」の気持ちに差があると、長続きは難しいでしょう。

同じくらいの熱量で愛せるような、対等な付き合いができるカップルがベスト。

アンバランスな気持ちは、思う側も思われる側も苦しくなるだけ。

仕事、友人、趣味など気持ちを分散させるといいかもしれませんね。

本音で話せない

本音で話せない

相手に本音が言えないカップルは、ケンカがなく一見仲良しですが、長続きするとはかぎりません。

がまんし続けると不満や不安が爆発するかも。

日ごろからなんでも本音で話せるような関係を築いておけば、そんな新パオはありません。

本音で話す=思ったまま話すというわけではないので、言い回しやタイミングには気を遣いましょう。

なんでも話せる関係になると、お互いに居心地のいい存在になれるでしょう。

彼と長続きしたいのなら

付き合うなら、長続きしたいと考える人が多いはず。

お互いにどこか譲れないものがあって、その相性があう相手とでないと、長続きは難しいでしょう。

諦めるのではなく、お互いに歩み寄ることで、関係を修復していけるかもしれませんよ。

(オルカ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)