自分の感情を、素直に表現できない……という男性はかなり多いです。

とはいえ好きな女性に対しては、意識のうちに好意が溢れ出るもの。

そこで今回は、男性が気になる女性に見せる「大好きサイン」をご紹介します♡

抑えきれない♡男性の「大好きサイン」とは?

「喜ぶ顔」を見たがる

本当に好きな人に対して、「喜ばせたい」「驚かせたい」といった気持ちが強くなるもの。

また相手の「喜ぶ顔」を見ることに、幸せを感じる傾向もあります。

そのためなにかと褒めてくれたり、差し入れやプレゼントをくれたりする男性は、好意を向けているかも。

あなたの笑顔が見たい!という考えが、自然と働いているのでしょう。

ちゃんとリアクションを取って、分かりやすく喜びを表現すると、彼のなかで好意はさらに大きくなるはずです。

さりげなく「カッコつける」

好きな人には、誰だって少しでも自分のいいところを見せようとするはず。

それが男性の場合は、「カッコをつける」という形になって表現されることが多くなりがち。

たとえば自慢話が増えたり、食事をおごってくれようとしたり、仕事がデキるアピールしたり、変に見栄を張ったり……。

そういった言動は、あなたに対して自分をよく見せたいからでしょう。

ですから、好意のサインと考えてもOKです。

本気で「助けようとする」

困っているときや病気のときに、やさしく手を差し伸べてくれる。

そういった男性は、いつも陰からあなたのことを見守ってくれている男性かもしれません。

たとえば「風邪で休んだ」と聞けば、すぐに「大丈夫?薬買ってこようか?」なんて連絡してくれるでしょう。

その後も、なにかと気にかけてくれるのであれば、上辺だけではなく本当に親身になって心配をしている表れですよ。

「接点」を増やそうとする

好きな女性ができたら、男性はなんとかして接点を増やそうと考えることでしょう。

それが距離を縮める一番の近道ですし、本能的に「なんでもいいから関わりたい」という気持ちになっているのです。

もし近くにいることが多くなったり、頻繁に話しかけてきたりするなら、大好きサインかもしれません。

ほかにも、面倒ごとにも嫌な顔せず手伝ってくれるのも、「関わりたい」とか「好かれたい」という思いが強く働いている証でしょう。

好意が秘められているかも

あなたのためを思っての言動を頻繁に取ってくれる男性は、そこに好意が秘められている可能性が高いです。

気になる彼に、今回ご紹介した様子が見られるなら、両思いの確立はかなり高め。

女性側から連絡やデートのお誘いをしてみると、案外トントン拍子で関係が進展するかもしれません♡

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)