ちょっぴり鈍感なタイプな男性に恋をすると、なかなか進展せずヤキモキするでしょう。

そんな男性たちは、どうしたら恋愛モードになってくれるのでしょうか?

そこで今回は、鈍感っぽい男性に「異性として意識してもらう」方法をご紹介します。

鈍感っぽい男性に!「異性として意識してもらう」方法とは

「会う回数」を増やす

鈍感な男性の印象に残るには、単純に会う回数を増やすことがポイント。

一回一回はちょっとの時間でもいいので、接触回数を多くしたほうが◎。

たとえば職場が同じなら、あいさつを欠かさない、飲み会で近くに座るなど。

なかなか会えないときには、SNSなど連絡ツールで接触をするのも一つの方法ですよ。

共通の友人に協力を頼む

「○○ちゃんがカッコイイって言ってたよ」なんて人から言われると、男性は急にその女性のことが気になり始めてしまうものです。

鈍感な男性に対しては、共通の友人に協力をしてもらい、人づてにさりげなく好意を伝えてもらうのが一つの手。

ほかにも、あなたの長所を伝えてもらったり、その友人も含めて一緒に食事をしてもらったりと、様々なメリットがあります。

ただ、あまり人を巻き込みすぎるとややこしいことにもなりかねないので、基本的には信頼できる友人だけに、手を貸してもらうようにしましょう。

分かりやすく「好意」を見せる

多くの男性は、自分に興味を持ってくれる女性に好感や親近感を抱くもの。

だからこそ、それは立派なアプローチになる行為であるとも言えます。

ただ、鈍感な男性は気づいてくれないケースも多いもの。

ですから、分かりやすく好意や関心を示すことが大事です。

たとえば彼の話を真剣に聞いたり、リアクションを取ったりすると、興味を持っていることうをさり気なく伝えられるでしょう。

余裕があれば、ハイタッチなど彼に触れてみるのもアリかもしれませんね。

デートに誘ってみる

鈍感な男性は、好意を寄せる女性の気持ちになかなか気づきません。

言ってしまえば、受け身のような状態も同然。

そのため、女性側からアクションがないと、いつまでも関係は平行線になりがち。

そんなときは、思い切って女性側からデートに誘ってみるのもアリ。

まだ関係が浅い場合は、話しかけたり、LINEを送ったりするところから。

そうした行動の積み重ねで、さすがに鈍感な男性でも、その女性の存在が気になってくるでしょう。

鈍感な彼に気持ちを届けよう!

鈍感っぽい男性に対しては、ただ物陰から見つめるだけじゃ、なかなか関係が進展しません。

ですから今回ご紹介した方法を、少しずつ試してみるのが吉。

恋心を自覚したら、今度は彼のほうから、熱い気持ちを向けてくれるかもしれませんよ♡

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)