付き合う前でも、気軽にやり取りができるLINE。

そんなLINEから、彼の本気度をある程度はかることができるようです。

なかでも今回は、男性が「LINEで本命女性に送るフレーズ」について、ご紹介します。

これは脈あり♡男性の「本命LINEフレーズ」とは?

「いつでも相談に乗るよ」

「相談に乗る」とは軽い気持ちでは言えません。

やはり好意がないと、力になりたい!というアクティブな言葉は出てきませんからね。

もし女性側にお悩みがあるなら、ぜひ彼を頼ってみましょう。

たとえば「スマホのフィルムがうまく貼れない」とか、「仕事の〇〇を教えて」など。

彼の力だけで解決できる、比較的ライトなお願いがいいでしょう。

余裕があれば「○○君だから言えるんだけど……」などの前置きがあると、「よし、任せろ」と全力で解決に向けて動いてくれるはずです。

「体調、大丈夫?」

あなたが「頭が痛い」「風邪を引いた」とLINEで言ったとき。

気になる彼は「大丈夫?」「なにか必要なものある?」と聞いてくれるでしょうか。

もし心から心配する様子が見られるなら、少なくとも、彼があなたに好意を持っていることは間違いありません。

心配=好意と言ってもいいでしょう。

どうでもいい人の体調は「どうしたんだろう」と思っても「大丈夫なのかな」と深く心配はしませんし、わざわざ本人には言いませんからね。

また心配だけでなく「〇〇の薬がいいよ、飲んでみて」と具体的なアドバイスをしてくれるなら、確実にあなたに好意があると言えます。

逆に「へえ。お大事に」「まあ頑張って」など素っ気ないLINEなら、残念ながらまだ好意はあまりないかもしれません。

「この前の〇〇どうなった?」

過去の話を持ち出して、「そういえば、この前の〇〇どうなった?」と気遣ってくれる男性。

そんな彼は、本気度高めでしょう。

なぜなら前提として、過去の小さな話題も覚えているというのがまず、好意サインの一つであるため。

また、「元気出して」など、あなたのメンタル面も気遣う様子が見られるなら、かなり本命度も高いでしょう。

「これオススメ!」

「これオススメだよ」と、あなたに有益な情報をLINEで教えてくれる場合。

それはあなたに喜んでほしい、役に立ちたいという心理の表れでしょう。

もちろん「よく知ってるんだね」と感心されたい気持ちもあります。

ただ頼んでもないのに率先してこのようなLINEをくれるのは、好意があるからです。

ここは「さすがよく知ってるね!」「教えてくれてありがとう、ホント助かった」と返しましょう。

やり取りが続くうち、彼から「じゃあこのイベント、一緒に行こうよ!」なんてデートのお誘いに繋がるかもしれません!

「そっちに合わせるよ」

たとえばデートの予定や行先を決めるとき、「いつなら都合いい?」「そっちに合わせるよ」と気遣ってくれる男性。

そんな男性は、「なにより君が最優先」という気持ちが無意識に表れているのでしょう。

また、「確実に誘いに乗ってほしい」という彼の必死さも隠れています。

ですから彼があなたの都合を優先してくれたなら、積極的にいくつも候補の日にちを提示してデートを実現させましょう♡

その気遣いは、好意ゆえかも♡

全般的に言えることは気づかいは、好意の表れということです。

彼の自信にもつながりますので、ぜひとも彼の気遣いには「ありがとう」と「助かった」と必ず返信しましょう。

またあなたもその気なら、彼のしてくれたことを、同じように返してみるのもオススメ。

そうすれば2人の仲は、もう一歩近づいていくでしょう♡

(たえなかすず/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)