付き合っている彼からの愛情を、もっと感じたい!

そう感じるのは、当然のこと。

でもそのためには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は、彼に「愛され続ける」女性からそのヒントを探っていきましょう♡

ずっと夢中♡彼に「愛され続ける」女性とは?

2人きりになるとデレる

「彼女は、普段は隙がない完璧なイメージを持たれがちなんです。
でも僕と2人きりになると、途端にデレデレモードになるんですよ。
その様子がかわいすぎて、最高に萌えます」(31歳男性/営業)

みんなの前でイチャイチャすることに抵抗のある男性もいます。

そのため男性のタイプによっては、人目のある場所でくっつかないほうがいいかもしれません。

ただエレベーターや部屋のなかなどでは、デレてみると効果的。

普段の様子とのギャップに、きっと彼はキュンキュンするでしょう。

彼のメンツを守れる

「親友の彼女に、『アイツと付き合ってて、大変じゃない?』って聞いたんです。
そしたら『ううん。むしろ、やさしくしてもらってる』って言ってて。
こういうときに、メンツを守ってくれる彼女って最高だなと思いました」(29歳男性/アパレル)

他人に恋人との関係を聞かれると、照れなどからつい素直になれない女性も多いでしょう。

ただここで彼のメンツを守れる彼女は、多くの男性から支持されているようです。

また他にも、大きな決断は彼の意見も尊重するなど、彼を立てられるとさらに好印象でしょう。

よく周りを見ている

「彼女はバーベキューのときに、みんなの分を取り分けたり、飲み物がない人にビールを手渡したりしてて。
周りをよく見て気を配れる彼女を持って、鼻が高かったですね。
人一倍輝いて見えました」(28歳男性/事務)

周りをよく見ていて、分け隔てなく気を配れる。

そんな女性は、男性から見ても惚れ惚れするようです。

ただこれは「気を遣ってビクビクしている人」でなく、「親切を分け与えられる人」というのがポイント。

他人に嫌われないようにと気遣うのではなく、お互いにとって気分がいい接し方ができる人です。

小さなワガママを言ってくれる

「あまり無理なワガママはしんどいですけど、小さなワガママはむしろ大歓迎。
『声が聞きたいから、今から電話していい?』とか、『もうちょっとだけ一緒にいたいな~』とか。
もっと頼って?って思います」(28歳男性/営業)

「終電ないなら、タクシーでいまから会いに来て」や「いまから車で迎えに来て」など、男性に負担を強いるようなワガママはNG。

しかし「もう少し電話していたい」や「一緒に甘いもの食べに行きたいな」といった小さなお願いは、むしろ萌えポイントになるのだとか。

ちょっとしたかわいいワガママは、積極的に使っていきましょう。

彼の前と、それ以外とのギャップにキュン♡

彼と2人のときはデレたり、ワガママを言ったりしてくれる。

でもそれ以外の人と接するときは、彼を立てたり周りの人のために動いたりできる。

こんなギャップある女性は、何年たっても彼に愛され続けるのでしょう♡

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)