好きな人にLINEを送るとなると、いろいろと悩みますよね。

そこで今回は、男性をドキドキさせる「簡単LINEテクニック」をご紹介します。

ぜひ、チェックしてみてくださいね♡

効果バツグン♡男性をドキドキさせる「簡単LINEテクニック」3選

学生時代の話を聞く

「今のゼミで一緒の女の子とLINEしていて、高校時代の取り留めもない話になったんですよ。ふたりに思わぬ共通点があって盛り上がりましたね。昔を思い出して懐かしくなりました。

僕の思い出話に耳を傾けてくれて、僕に気があるのかなって意識するきっかけになりました」(20歳/大学生)

意外に盛り上がるのが学生時代の話。同じスポーツをしていたり、同じ委員会をしていたり……。

何か共通点を見つけ、話をふくらませましょう。

共通点がもしなかったとしたら、相手のことを掘り下げて聞くのがおすすめです。

良い思い出やおもしろかった思い出は、人に伝えて共感を得たいもの。あなたは彼の話をしっかり聞いてあげてくださいね。

彼との共通点があったり、彼の過去に興味を出すことで、きっと彼はあなたに好感を持ってくれるはず。

たくさん褒める

「会社の同期とLINEが続いてて……。なんとなく料理した写真を送ってみたんですよ。そしたら『すごい!おいしそう!』とたくさん褒めてくれて。なんだか嬉しくてキュンとしましたね」(27歳/会社員)

男性は褒められるのが好きな傾向があります。気になる彼の恋愛スイッチを押したいなら、まずは褒めLINE作戦をしてみましょう!

かっこいいなと思ったことや、やさしさにキュンときてしまったこと、男らしさに引っ張られたことなどなんでもいいのです。

褒められた男性は、あなたからきた褒めLINEがうれしくて、やりとりの回数が増えるかもしれません。

相手の好きそうな情報を伝える

「人の日常の話ってどうでもいいじゃないですか。でもその子のLINEは、自分の日常生活をおもしろく教えてくれるんですよね。

たとえば、今日スタバ行ったよ~みたいなLINEがきて、その後、カフェラテとカフェオレの違いって何か知ってる?みたいなクイズがくるんですよ(笑)いつのまにかその子のLINEがくるのを楽しみに待つようになっていました」(24歳/公務員)

男性は、知らなかったことを知れたときに喜びを感じる人が多いもの。彼の知的好奇心を刺激してみましょう。

でも、彼が「そんなこともう知っているよ」という反応をしてくる場合もあると思います。

そんなときは、「さすが〇〇くん!知ってるなんてすごい!」などと、相手に感心して聞き役に回りましょう。

そんなことを言われた彼は、あなたに知っているウンチクを話したくてたまらなくなっているはずですよ。

LINEでの会話は重要!

LINEでの会話は、相手の反応が見られず一方的になりがち。

対面で会話するときより意識した会話のキャッチボールが必要です。

自分のことを伝えるより、聞き役に回り好きな人の心を開きましょう。

また、LINEの頻度や文の長さなど、相手のテンポに合わせることも大切です。

そっと寄り添うようなLINE術で、彼との恋愛モードを高めてみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)