イイ感じの彼がいるけど、なかなか告白してもらえない……。

そんなとき、関係が進展せずヤキモキする女性も多いでしょう。

では、男性はどんなきっかけで告白を決意するのでしょうか?

今回は、男性目線で「告白のきっかけ」をご紹介します。

男の本音♡「告白を決めた」きっかけとは?

素の一面に惚れた

片思いの男性に好かれようと、少し背伸びしている女性は多いもの。

しかし、案外「ありのまま」の姿のほうが、その男性のハートを掴むこともあるようです。

それに付き合ったあと、ずっと自分を偽ったままでは、女性側も疲れてしまうはず。

ですから、はじめから「素」に惚れてくれる男性とお付き合いしたほうが、お互いに居心地のよい関係になれるでしょう。

やさしさに感動した

自分に親切にしてくれる女性に対し、事情もなしに嫌う男性は多くないでしょう。

とくに、自分が弱っているときに向けられた「やさしさ」には、かなり感動するはず。

ですから気になる男性がトラブルの渦中にいるときや、なにかに一生懸命なときは、チャンスです。

差し入れをしたり、「頑張って」と応援したりして、そっと寄りそってあげましょう。

そうすれば、気づいたら彼のなかで「特別な女性」になっているかもしれません。

親近感を覚えた

「付き合ったきっかけは?」という質問への答えとして、「職場や学校で知り合ったから」という返事はとても多いです。

これはつまり、偶然そばにいたから付き合えたとも言えますよね。

やはり同じコミュニティに属する相手は、年齢や価値観が近い可能性も高いです。

そのなかで選ばれるのは、親近感があって「うまくやっていけそう」と運命を感じたからでしょう。

「たまたまそばにいたから、誰でもよかった」わけではないはずです。

「ありのまま」を大切に♡

気になる彼に告白してもらうには、思いやりを持って接していれば、あとは「ありのままの姿」を大事にするのが一番。

もし不安なら、その素の自分をもっと磨いていけるよう、工夫してみるのはアリかもしれませんね。

(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)