彼がそっけないと、恋心を温めようと必死になる女性っていますよね。

でも、脈なしサインが出ているのにグイグイ行くと、完全に避けられてしまうかも……。

すると、せっかくあった恋のチャンスを逃しかねません。

そこで今回は、ひそかに出す「脈なしサイン」について、男性に聞いてみました。

引き際かも…ひそかに男性が出す「脈なしサイン」とは?

好きな女性についての恋愛相談

「飲み会で知り合った子の押しが強く、無視しても何度も追いLINEされてたんです。
だから同僚に好きな人がいるテイにして恋愛相談をして、わざと心の壁を作りました」(30歳男性/金融)

気になる男性に、好きな女性がいると分かれば、「それ以上のアプローチは無駄だろうな」と思う女性も多いでしょう。

そのため脈なし女性に対し、嘘だとしても「好きな人がいて」と恋愛相談を持ち掛ける男性もいるようです。

ここで、あきらかに自分ではない女性を推されたら、「ほかの子に取られる前に!」と躍起になるのはNG。

むしろ引いたほうが、トラブルにならずに済むでしょう。

LINEが敬語・短文

「勘違いされたくないし、期待もさせたくないから、眼中にない女性からの好意まじりなLINEには、敬語・短文という距離をおく感じの返信をしてます」(30歳男性/IT)

敬語って、「相手と壁を作る」のにも使えるんです。

ですから、もし意中の彼が一向に敬語を崩さない、短文ばかりで話も広げない……。

という状況なら、いまは脈なし濃厚なので、一旦引いたほうがいいでしょう。

何度誘われても「忙しい」と断る

何度誘われても「忙しい」と断る

「その気のない子にサシで食事に誘われたら、ひたすら『忙しい』と断ります。
ずーっと『忙しい』と返信していれば、そのうち誘われなくなるから」(30歳男性/広告)

「あなたに興味がないので、もう誘ってこないでください」なんて心で思っていても、実際に伝えるのは難しい……。

そのため、ずーっと「忙しい」で断り続ける男性がいるようです。

これはきっと、彼なりの「拒絶サイン」なのでしょう。

あくまで「友達」と強調する

「大学時代、女友達に好かれていることに気づき、話の流れで『俺、友達とは付き合えないんだよねー』と友達は恋愛対象外って匂わせてました。
そして、その直後に『俺らいい友達だよな!』と友達関係であることを強調して、その子の接近を回避していた」(27歳男性/公務員)

友達であることの強調は「君は恋愛対象ではない」という暗喩なのかもしれません……。

その関係を強調されたり、「友達とは付き合えない」的なことを言われたら、それ以上は距離を縮めないほうが無難です。

脈なしっぽいなら様子見しよう

好きになると盲目になり、相手の脈なしサインにも鈍感になってしまう女性は多いもの。

もし意中の彼にご紹介したようなサインがあるのなら、押すのは一旦やめて様子見をしましょう。

その間に、ほかの男性も見てみるというのも一つの手です。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)