運命の人

彼氏や好きな人との相性はいいほうが長続きしやすいと考えますよね。

2人の相性のよさは、どこではかることができるのでしょうか。

今回は、女性の実体験をもとに、男性との相性を見極めるポイントを5つご紹介します。

あなたの彼氏や気になる人を思い浮かべながら、チェックしてみてくださいね。

注目すべきはココ!男性との相性を見極めるポイント5つ

1:コミュニケーションが心地いいか

「私がいくら話を盛り上げても『うん』『そう』みたいな感じで反応が薄い男の人はちょっと……。

『なにも話さなくても落ち着く関係がいい』とか言われたけど、最低限お互いを知る必要があるんじゃないかなって思いますね」(30歳女性/美容)

2人の仲や居心地の良さを実感するのは、コミュニケーションではないでしょうか。

「なんでも話したい派」と「無言を楽しみたい派」のどちら寄りなのかが変わってくると、2人の相性の悪さにつながるかも。

心地よく会話ができないと、仲良く過ごすのにも限界があるので、違和感がないか確かめてみてはいかがでしょうか。

2:行動のペースは合うか

「相性が悪い人って、なにかとペースが合わない気がします。

歩くのが早くて自分だけ先に行っちゃうとか、食べるはやさが全然合わないとか、LINEの返信が超遅いとか……」(23歳不動産/女性)

基本的な行動のペースが違うのは、重なっていくほどストレスに感じやすくなります。

無理して合わせるような関係では、長続きしにくくなるでしょう。

3:触れたときに違和感はないか

「手をつないだだけでなんとなく相性ってわかる気がします。心地いいな、って人と、なんとなく振りほどきたくなる人がいます」(29歳女性/事務)

最初に抱いた違和感に目をつぶっていると、後々面倒なことにつながる……なんてことも。

どんなに好きだと思っていても、相手に触れて違和感があったのなら、それは根本的に合わないサインなのかもしれません。

カップルは多かれ少なかれスキンシップを要することを忘れずにいましょう。

4:笑いのセンスが合うか

4:笑いのセンスが合うか

「いいなと思っていた職場の彼と食事したとき、一緒にいた上司が『ごちそうするから好きなものを頼みなさい』と言ってくれたんです。

でもそのとき彼が『人のお金だから高いの頼もうぜ!』って言ってて……。

面白いと思って言ってるのかわかりませんが、幻滅したし、仕事していくうちに微妙な面が見えてきていやになってしまいました」(27歳女性/コンサル)

どんなにいいなと思った人でも、笑いのセンスが合わないと一緒にいてもストレスを感じる可能性があります。

本来、笑いは周りに気遣うことなく自然に発生するもので、癒やし効果があるもの。

相手に気を遣って面白くないのに笑って過ごすのは、かえって疲れることになるでしょう。

彼の面白いと思うポイントが理解できずもやもや……なんてことにもなるかもしれませんよ。

5:一緒にいて疲れるか

「デートするのは楽しみなのに、デートから帰るといつもぐったり……。家に帰って飲み直したくなったり、彼とごはんは食べたのに、甘いものがほしくなったりすることもあるんです。

なんかストレスがたまるんですよ。どこか合わないんだろうなって思ってます」(26歳女性/SE)

とくにこれという理由はないはずなのに、一緒にいると疲れる男性とは、相性が悪いのかもしれません。

小さなことの積み重ねが、2人の関係を終わらせることもあります。

自分の疲れを見逃さないようにしましょう。

見過ごすと痛い目に合うかも

相性の悪い男性とは、わずかであっても違和感がある可能性が高いです。

最初に感じたその違和感は、のちにあなたを苦しめることになるかもしれません。

自分でしっかり見極めて、判断しましょう。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)