せっかく気になる彼とデートに行けたなら、次のデートに繋げたいもの。

ただ、どんな女性ならそのチャンスを掴むことができるのでしょうか?

そこで今回は、男性が「また会いたい」と思う女性について、ご紹介します♡

デートのあとが大事♡男性が「また会いたい」と思う女性とは?

「今度○○行きたいです」

次のデートへの布石として、デート中の会話で「行ってみたい場所」の話題を挙げておきましょう。

そうすれば、彼の頭の中に情報がインプットされます。

すると、デート後のLINEで「さっき言ってた〇〇、今度行きませんか?」と自然な内容で送れるはず。

そして、彼から「いいね!」と返信がくれば、日程をすぐ詰めましょう。

ただし、「来週」のように急な日程設定をしないこと。

出来れば1ヶ月後くらい余裕をもった日程を設定したほうがいいです。

日程が直近すぎると「この子、俺のこと好きだな」と思われてしまいますし、今後の恋愛パワーバランスがあなたにとって不利な方向に働くかも。

ですから「私も色々と用事があって忙しい」という印象づけも含めて、女性側からいくつか先の候補日を挙げてみてください。

ここで相手に候補日を委ねてしまうと、そのあと音信不通になるパターンもあるので注意です。

お礼LINEをする

1回目のデート終了後、誰でもできるアプローチの1つは「お礼LINE」。

デート終了後にまず彼にLINEをしてみて、相手の本気度を確認しましょう。

そのためには、「ありがとうございました!会えて嬉しかったです」という文言を入れて送ってみるのがオススメ。

当日のうちにレスがあった場合は、彼はあなたに対して嫌な気持ちは持っていないでしょう。

よりレスが早ければ早いほど、脈ありなはず。

ただ翌日の返信だったり、はたまたレスが無かったりすると、まだ彼は恋に落ちていないのかも。

「次回は、○○さんを呼びませんか?」

お礼LINEのレスが遅い場合は、まだ恋に落ちてきっていない可能性大。

ですから、「次回も2人きりで会おう」と誘っても乗ってくれないかもしれません。

そこでオススメなのは、「複数人で会う」作戦。

1対1で会うのは気が乗らなくても、複数人で遊ぶなら楽しそう……ということもありますからね。

印象のリカバリーできる機会を増やすことが、恋のチャンスにつながるはずです♡

最低限、お礼LINEは必ず!

1回目のデート後に男性から次の誘いが来れば、とても楽ですよね。

ただ、来ない場合は、女性から行かざるを得ません。

その場合は、今回紹介したように相手の反応に合わせてアプローチの仕方を変えてみましょう。

なかでも、お礼LINEは絶対にやってください。ここからがスタートです。

じっくり展開を見極めて、彼との仲をじっくりと深めていきましょう♡

(TETUYA/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)