ドキドキする恋愛は楽しいもの。

ですが、ドキドキが失われてしまうと「魅力的じゃない」と相手に落胆するケースもあります。

そうなってしまうのは、悲しいことではないでしょうか。

長続きするために必要なのは、やはりお互いがお互いの「癒やし」に慣れることなのではないかと思います。

癒やしあえるカップルには、どんな特徴があるのかについてご紹介します。

長続きの秘訣!お互いに「癒やしあえる」カップルの特徴4選

相手のことをよく理解している

「相手のことをよく理解している人とは、一緒にいて癒やされます。そういう人じゃないと長く関係を続けていくのは厳しいと思います。

今の彼氏とはなんでも話せる仲で、だからこそ信頼できるんですよね」(29歳女性/事務)

相手のことがよく分かっているのは、重要なポイントです。

たとえば、どんなことで怒るのか、どんなプレゼントを贈ってあげると喜ぶのかなど。

理解されていることは安心感につながりますし、理解することは信頼につながります。

両方あって初めて癒やしを与えあえる2人になるのです。

安心感を与えてくれる

「今の彼氏は、正直外見はそんなにタイプではないんです。でも、会話のなかで笑わせてくれたり、私がなにか失敗をしても『これくらい大丈夫だよ』と許してくれたりするんです。

そういう包容力があるところが、4年付き合っている今も変わらず1番好きなところですね」(29歳女性/歯科衛生士)

たとえば、相手が疲れていてストレスがたまっていると思ったときは、「少し休憩しよう」と声をかけてみましょう。

また、相手の失敗を責めることはNGです。

いつも結果だけを評価される社会において、頑張った過程を認めてくれる恋人の存在は、男性にとって得がたく、手放しがたい癒やしとなるでしょう。

ありのままでいられる

「ありのままでいられるのは重要だと思います。

元彼はすごいイケメンだったんですけど、『浮気されないためになにかしてあげないと』って常に考えてたんです。

だから、こっちが疲れてしまって結局長く続かなかったですね」(27歳女性/美容師)

相手を好き過ぎるあまり、対等な関係を築けなくなっていては一緒にいても癒やしは得られません。

ありのままの自分でいられる、自分にとってちょうどいい人と付き合うのが、結局は幸せになれるのかもしれません。

初対面なのにリラックスできる

「相性がいいというか、初めて会ったときからリラックスできる人っていると思うんです。

今の彼がそんな感じで、一緒にいるとリラックスできて離れたくないなって思います」(26歳女性/販売員)

初対面の人と話す際は、多くの人が緊張してしまうでしょう。

しかし、緊張していると、話が途切れないようにしようと無理をして、相手にも気を使わせてしまいます。

まるで長年の友人と話すような心持ちで、リラックスして向かい合うと、相手にもその雰囲気が伝わって、居心地がいい人だなと思ってもらえますよ。

長続きの秘訣は「癒やし」

恋愛初期の前上がるような気持ちは、次第に薄れゆきますが、相手に「癒やし」を感じることができれば、その関係は長続きします。

なぜなら、癒やしを得られるような関係は一朝一夕では築けませんし、時間をかければ誰とでも築けるものでもないからです。

ぜひ、今回の記事を参考にして、好きな男性と素敵な関係を築いていってくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)