彼との付き合いが長くなってくると、ついマンネリ化しがち。

ただ、なんとか「付き合いたての頃のように、愛されたい!」と考える女性も多いはず。

そこで今回は、男性が「彼女に惚れ直す瞬間」について、ご紹介します♡

愛されてるなぁ♡男性が「彼女に惚れ直す」瞬間とは?

趣味を一緒に楽しんだとき

もし彼の趣味が複数人で楽しめるものなら、彼に「たまには一緒にやらない?」と言って、実際やってみるのがオススメ。

もしくは、「どんな感じ?教えて!」と興味を持って話しかけてみるのもアリ。

たとえば彼の趣味が「山登り」なら、「どんな山がオススメ?」とか、「もし登るなら、どんなグッズが必要?」など、詳しくなくても簡単な質問をしてみてください。

すると彼は、自分の好きなことなので一生懸命教えてくれるはず。

そこで、「うんうん、それで?」と更に深堀りしてあげると、きっと饒舌に語ってくれるでしょう。

彼が満足したら、「次は彼女の趣味を一緒に楽しんでみようかな」と思ってくれるかもしれません。

そうすることで、2人で共有する時間はもっと増えていくはずです♡

じっと見つめられたとき

付き合いが長くなってくると、ある程度は相手の行動が読めていくもの。

そのため、会話をはじめとしたコミュニケーションが減ってしまいがち。

ただそれに慣れると、会話したいけど突然バーッと話しかけるのは不自然……と悩む女性も多いでしょう。

そこでオススメなのは、好意を持って「彼を見つめる」こと。

熱い目線を感じた彼は、「どうした?」と言いつつも、内心ドキッとするはず。

改めて彼女の顔をじっくり見ることで、「やっぱり好きだなあ」と愛おしい気持ちになってくれるかもしれません♡

「好き」と言ってすぐ話をそらす

「好き」と言ってすぐ話をそらす

余裕がある女性は、ストレートに「好き!」と言ってみるのがオススメ。

ここでポイントなのは、「好き」の直後に違う話を持ち出すこと。

たとえば「あのさ、昨日のテレビ見ててさ……」と、まるっきり違う話。

そうすることで、「照れちゃってかわいいな」という印象を与えることができるでしょう。

また「俺からも『好き』って言えってこと?」というプレッシャーから、彼を解放させることもできるはず。

そんな彼女の様子に、「俺も好きだよ」と心の中で言ってくれるでしょう。

そして、いつか気持ちのお返しをしようと、心に誓ってくれるかもしれませんね。

新鮮さを取り戻せるかも!

マンネリという言葉はネガティブかもしれませんが、それだけお互いをよく知っていて、楽な関係ということですよね。

ですから、お互い「いつも一緒に居てくれるだけでありがとう」という感謝の気持ちを持って接するだけで、関係は長続きしやすくなります。

まずは彼女から伝えていくことで、相手にも気持ちが伝わり、昔ようなラブラブ期がまた訪れるかもしれませんよ♡

(麻生アサ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)