お付き合いをしていくうちに飽きられてしまう……。

そんな悲しい思いをしている女性がいる一方で、男性から「ずっとそばにいてほしい」「手放したくない」と思われる女性もいます。

その違いとはいったいどんなものなのでしょうか?

付き合う期間が長くなっても男性から愛される女性の特徴を、実際に聞いてみました。

【長続きしない女性必見】彼氏からずっと愛されるコツ3つ

自分磨きを欠かさない

「メイクとか適当になったり、家の中ではジャージとかは嫌ですね。お金をかけろとは思わないですが、ある程度身だしなみを整えるとかはしてほしいです」(27歳男性/IT)

付き合いが長くなってくると、つい自分磨きを怠ってしまうこともあるはず。

しかし、長く付き合っていてもずっと綺麗でいる女性は男性の心をつかみ続けます。

「ナチュラルメイクが好き」という男性も多いので、スキンケアをして素肌を綺麗に保つように心がけるのがおすすめ。

ポジティブ

「『どうせ』とか『だって』、『でも』って感じのことを口癖のように言っている人は一緒にいて気が滅入ります。前向きなほうが、一緒にいて楽しそうだし、なんでも乗り越えていけそうな気がします」(28歳男性/製造業)

基本的なことですが、ポジティブなのはとても大切なこと。

一緒にいる人がよく笑ってくれるとそれだけで雰囲気が和らぐものです。

男性が「こういうことをやりたい」と相談してきたときに「無理だよ」や「やめた方がいい」と話を聞かずに反対するのもNG。

ネガティブになってしまうこともあるかもしれませんが、できるだけポジティブな姿勢を心がけましょう。

理不尽に怒らない

「理不尽に怒ってくる女性はちょっと無理ですね。とくに、自分の当たり前を押し付けられるのが、一番困る。なんで怒ってるのか分からないし、そんなの分かるわけないじゃんって思う」(28歳男性/建設業)

付き合いが長くなると「言わなくても私の気持ち分かるでしょ?」と思うかもしれませんね。

女性の気持ちというのは、男性には「わかりにくいもの」だと言われています。

男性のコミュニケーションは直接的であるのに対し、女性は間接的であることが多いようです。

そのため、「きっと分かってくれている」と期待するのはNG。

その期待が裏切られて怒っても、男性からすると理不尽さを感じます。

カップルであってもできるだけ気持ちを言葉にして伝え合うようにしましょう。

「ありがとう」が言える

「付き合いが長くなってくると『ありがとう』とか『ごめん』って言葉を忘れがちになるんですけど、そういったことをしっかりと言葉にできる人っていうのはやっぱり、ずっと一緒にいたいって思います」(30歳男性/メーカー)

デートの予約をしてくれたら「いつも助かってるよ」と言ったり、仕事が忙しい中、デートの時間を作ってくれたら「嬉しい!」と喜んだりなど、感謝の言葉は「ありがとう」だけではありません。

また、仕事の愚痴を聞いてくれたら最後は「聞いてくれてありがとう」と締めくくるとイメージがポジティブに変わりますね。

一緒にいることが当たり前になると、忘れてしまいがち。

しかし、つねに感謝の気持ちを伝えることで、彼もあなたの気持ちに応えようと思ってくれるはずです。

積み重ねが大事

今回ご紹介した、男性から「手放したくない」と思われる女性が実践していることは、なにも特別なことではありません。

ちょっと意識するだけで誰でもできることです。

毎回の積み重ねが、彼との関係を長続きさせられるかを左右します。

ぜひ、実践してみてくださいね♡

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)