好きな彼と付き合うことができたなら、いつまでも仲良しでいたいものですよね。

しかし、どんなに彼のことが好きでも、短命で終わってしまうこともあります。

長続きする人たちと、なにが違うのでしょうか?

結果的に長続きしたカップルが、付き合いたてのころにしていたことを紹介します。

付き合い始めが肝心?彼と長続きさせるコツ

連絡頻度を相談する

会っているときよりも会っていないときの方が、ケンカの火種が生まれやすいです。

例えば、LINEのメッセージを送っても全然返信してくれなかったら悲しいですよね。

しかし、「なんですぐに返信してくれないの?」と返事を急かすと彼を困らせてしまいます。

そのため、事前に「この時間は仕事で忙しいから返信できないよ」とか「いつ連絡したら返信しやすい?」と事前に相談しておくことをおすすめします。

心地よいと思う連絡頻度は人によって違うので、お互いが落ち着くポイントを見つけてみてください。

そうすることで、余計なトラブルを避けることもできるはず。

会う頻度も相談する

会う頻度も大事なポイント。

お互いが負担に感じたり、寂しく感じたりしない頻度を保つことで、安定した付き合い方ができるものです。

しかし、どれくらいの頻度が心地よく感じるかは、連絡頻度と同様に人それぞれ。

趣味をもっている人や仕事が忙しい人は、週末に1人で過ごす時間を取りたい場合もあります。

毎日会っていたのでは時間的な負担が大きくなり、疲れてしまうことも。

そのため、「私は週に1回程度がいいんだけど、あなたはどう?」と聞いてみるといいかもしれません。

急激に接近しない

付き合いだした瞬間に急に距離を縮めるのは避けたほうがいいかもしれませんね。

例えば、一人暮らしをしている彼に「彼女になったんだし、合鍵ちょうだい?」とおねだりしたり、「早く家族に会わせてね」と結婚をイメージさせるような発言をしたりするのはNG。

カップルになったとはいえ、いきなり相手のことをすべて信頼するのは難しいもの。

急激に距離を縮めて、彼に引かれてしまっては元も子もありません。

どこに行くにも常に一緒というカップルが早く別れてしまうケースは多いと言われています。

徐々にパーソナルな部分に入っていくように心がけるといいかもしれません。

サプライズは慎重に

彼にサプライズを仕掛けて驚かせたいと思う女性も多いかもしれませんね。

しかし、ノリが合わなかったり、趣味が合わなかったり……ということもあります。

そうすると、「この人とは合わないかも」と男性に思わせてしまう可能性が……。

せっかくのサプライズが逆効果になってしまうのは、悲しいもの。

そのため、誕生日や記念日は「なにが欲しい?」とストレートに聞いてしまうのがおすすめ。

最初は素直なプレゼントをあげて、徐々に相手の好みを把握し、絶対に外さない自信がついたところでサプライズを仕掛けましょう。

話し合いが大事

落ち着いた付き合いをしているカップルの方が、長続きしやすいと言われています。

感情的な付き合い方になってしまうと、どちらかの負担が大きくなり、短命に終わってしまうのかもしれませんね。

もちろん、付き合い方は人それぞれです。

そのため、お互いを尊重し、話し合いながら付き合っていくことをおすすめします。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)