近年よく耳にする「モラハラ夫」という言葉。

「モラハラ夫には絶対つかまりたくない!」と思っている女性もきっと多いですよね。

今回は、未来の「モラハラ夫」を見抜く方法をご紹介します。

結婚後に後悔しないよう、しっかりチェックしておきましょう!

結婚後も苦労する!「モラハラ男性」の特徴

すぐマウントを取ろうとする

「私が友達を褒めると、『その人は俺より優秀だって言いたいわけ?』『俺のほうが良い大学出てるけどね』と不機嫌になる彼と付き合っていました。

楽しく会話できないし、マウントばっかり取られるのがイヤすぎて別れました」(26歳女性/病院受付)

楽しい雑談なのに、いちいちマウントを取って話の腰を折ってしまう男性は、モラハラ夫予備軍の可能性大。

プライドが高く、素直に人の成功や幸せを喜べない人なのかもしれません。

「自分が一番じゃないと気が済まない」タイプの男性とは、距離を置いた方がベターです。

自分にばかりお金を使う

「元カレは服や財布など、自分が使うものはハイブランドで固めているくせに、私の誕生日プレゼントにくれたのは、めっちゃ安い湯たんぽだったんです!

しかも、『俺のプレゼントに文句あんの?』と圧をかけてきて……。お金で愛情をはかっているわけではないけど、自分にはお金を使えるのに私には使ってくれなくて悲しかったですね」(25歳女性/webデザイン)

自分にしかお金を使わない、将来を見通して貯金ができないなど、お金の使い方に問題がある男性もモラハラ夫候補かもしれません。

結婚後も、家庭や子どもにかけるお金をケチる可能性があります。

結婚生活とお金は、切っても切れない関係です。お金の話題はなんとなく避けがちですが、将来を考えるならばきちんと向き合ってみてくださいね。

アドバイスがしつこい

「年上の彼と付き合っていたとき、よく仕事の相談をしていました。最初は頼りになるなって思っていたんですが、『俺だったらこうするけど』とか『こないだ教えてあげたこと、ちゃんとやった?』とか、しつこく言ってきて……。何様?って思って別れました」(26歳女性/通信会社)

相談ができる彼は頼りになりますが、どんなアドバイスをしてくるかを注意深く聞いてみてください。

隠されていた彼の本質が垣間見えるかもしれません!

「アドバイス」という体で、ネチネチと自慢してきたり、あなたを否定するようなことを言ってきたりする男性は、モラハラ夫になる可能性大です。

「優しすぎる」のも要注意

「元夫は付き合っているとき、私の言うことをなんでも聞いてくれたり、誕生日には高級ブランドのバッグをくれたり、とにかく優しかったんです。それで結婚したんですけど、一緒に住み始めると束縛がはじまって……。

その後どんどんひどくなって、外出するのもいちいち許可がいるような関係になりました。結局、1年足らずで離婚しましたね」(27歳女性/化粧品販売)

「モラハラ夫」と聞くと、優しくない男性を連想されるかもしれませんが、優しすぎる男性にもじつは注意が必要です。

優しさの裏にあなたへの嫉妬心や執着心が潜んでいる場合、なにかのきっかけで「モラハラ夫」に豹変してしまうことも。

本当に優しい男性なのかどうか、しっかりと見極めたほうがいいでしょう。

未来のモラハラ夫を見極めて

モラハラ夫になりそうな男性と一緒にいると、なにかしらの違和感をおぼえるもの。

恋をしていると多少の違和感には目をつぶってしまいがちですが、きちんと向き合うことが重要です。

モラハラ予備軍の男性にはさっさと見切りをつけて、お互いが対等な立場で付き合っていける男性を見つけましょう!

(tomo/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)