交際中の彼にとって、癒やしの存在でありたい!と思っている女性は少なくないもの。

そこで今回は、男性の体験談を元に、男性が彼女に「癒やされた瞬間」をご紹介します。

「どうすれば彼を癒やせるのか知りたい」「2人の雰囲気を和ませたい」と感じている女性は必見です。

男性にインタビュー!彼女に「癒やされた瞬間」3選

仕事終わりに「お疲れ様」LINE

「営業の仕事って気も使うし、毎日ヘトヘト。でも、仕事終わりにいつも彼女から『今日もお疲れ様!』と明るいLINEがくるので、支えられてます。よし、明日も頑張ろうって思えるんですよね」(28歳/営業)

仕事終わりに「今日もお疲れ様」と彼女から労をねぎらうLINEが届くと、癒やされる男性は多いようです。

ただし、毎日決まった時間にLINEするのはかえって重たいかもしれません。

繁忙期の時期だけ意識的に送るようにしたり、週末に「今週もお疲れ様!今日はよく寝てね!」と送ったりするのもおすすめですよ。

久々のデートで「会いたかった」発言

「お互いの繁忙期が重なって会えなかったのですが、久々にデートしたら『会いたかった』って抱きついてきてくれて、ほっこり。電話やLINEもしてたのですが、『やっぱり直接会うのが一番』と純粋に嬉しかったです」(26歳/IT)

デートで会ったときに、素直に喜びを表現されて嬉しくない男性はいないでしょう。

「やっと会えたね~」や「早く会いたかったよ!」など、直接会ってデートできる嬉しい気持ちを言葉にしてみてはいかがでしょうか。

「なかなか会えなくて寂しかった」や「電話とLINEだけじゃ〇〇くん不足!」など、少し拗ねつつ甘えてみても、彼をキュンとさせられそうです。

煮詰まってるときに差し入れをくれた

「卒論も就活もうまくいかずに煮詰まってたんですが、彼女が『ブレイクタイムしよう』っておいしいお菓子やコーヒーをもって自宅まで来てくれて、疲れが吹き飛びました。俺にはもったいない良い彼女です」(21歳/大学生)

学業や仕事などで予定がパンパンだったり、うまくいかないもどかしさからストレスを感じる男性は少なくないもの。

彼女に対しても、余裕がない対応になることもあるかもしれません。

そんなときこそ、「最近怒りっぽいよね?」と「もっとデートしてよ!」など喧嘩腰にならず、「ひと息つこう」と差し入れを持っていてみてはいかがでしょうか。

彼女に癒やされて、彼の気持ちの余裕にもつながるでしょう。

彼を癒やしてあげて♡

仕事終わりのお疲れ様LINEや、大変な時期の差し入れなど、男性の疲れが吹き飛ぶような女性の言動を紹介しました。

彼にどうしてほしいかワガママを言うよりも、「どうすれば彼を癒やせるかな?」と考えて接することが大切。

その気持ちはきっと彼にも伝わるはずですよ。自分にできる範囲で取り組んでみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)