結婚前に知っておきたい彼のこと

好きな男性を前にすると、素直に甘えられない……。

そんな女性も多いでしょう。

そこで今回は、奥手女子にこそオススメな「さりげない甘え方」をご紹介します。

奥手女子でもOK♡さりげない「甘え方」とは?

じっと見つめる

まずはデートのときに、気になる男性をじっと見つめてみて。

ここで彼と目が合ったら、ニコっと笑顔を見せるのがコツ。

デート中に全く目が合わないと、多くの男性は心の距離を感じるようです。

それに視線には、その人の本当の気持ちが見え隠れするもの。

ですから、「一緒にいられて幸せ」「大好き」なんて気持ちを込めて見つめれば、言葉にしなくても、気持ちが伝わるかもしれません♡

腕を組んでみる

すでに気になる彼と、手を繋ぐことができているなら、たまに腕を組んでみるのがオススメ。

物理的な距離も縮まりますし、さり気なく「甘えん坊」な印象を与えられるのだとか。

とはいえ男性のなかには、人前でくっつかれるのが恥ずかしい……という人もいます。

女性のなかにもいるかもしれません。

そんな人たちには、日暮れどきの時間帯や、水族館などの薄暗い場所を選ぶのがポイントですよ。

2人きりになったら「くっつく」

いつでもどこでも甘えていると、男性も飽きてしまうかもしれません。

そんなときは、「彼の前限定」でくっついてみるのがオススメ。

甘える場面と甘えない場面でメリハリを付けることもできますし、「自分の前だけ」という特別感に、男心をくすぐることができるかもしれません。

耳元で話す

耳元で話す

周りの音が大きいときや、内緒の話をするとき。

そんなときに、彼の耳元で話してみるのも一つの手。

このとき、余裕があれば軽くハグしてみるのもアリです。

自然に耳元に近づけますし、彼のドキドキ感もMAXになるはず。

2人きりのときに、試してみてくださいね♡

甘える&照れる

とくに奥手なタイプの女性は、甘えてみたはいいものの、その後どんなリアクションをしたらいいか分からない……という女性も多いもの。

そんな女性には、素直に「照れる気持ち」を表に出すのがオススメ。

その純朴な反応に、思わずキュンとする男性も多いよう。

また「頑張って甘えてくれて嬉しい」「勇気を出してくれたんんだな」とプラスな印象にも繋がるはず。

もし気持ちを隠している女性がいたら、あえてオープンにしてみるのも一つの手。

甘え方とセットで実践してみてくださいね。

少しずつ試してみて♡

様々な「甘え方」をご紹介しましたが、女性のタイプによっては、実現が難しいものもあったはず。

そんな場合、まずは「自分にもできそう」と思ったことから、少しずつ試してみるだけでもOK。

少し頑張るだけでも、気になる男性からの印象は変わっていくはず。

無理せず自分のペースで、彼の男心をくすぐっていきましょう♡

(岡あい/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)