LINEの差

付き合っている彼氏から連絡が途絶えると、「本当に好きなのかな……」と感じることはありませんか?

普段なかなか会えない彼ならなおさら、不安な気持ちになるでしょう。

今回は、男性に「彼女に連絡をしなくなる理由」を聞いてみました。

彼からの連絡が少なくて悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

冷めたってこと?彼氏からの連絡が少なくなる理由

忙しすぎて忘れるから

「残業や出張が多すぎて、すっぽり頭から抜けちゃうことが多いです。『返事しようと思ってたら3日経ってた』なんてこともよくありますね……」(28歳男性/デベロッパー)

「どんなに忙しくても本命の彼女には返信をする」なんていう説もありますが、あまりにも忙しい男性は連絡のことすら頭から抜けることがあるよう。

3日以上連絡がないと落ち込んでしまいそうですが、彼は仕事のことで手一杯なのかもしれませんね。

用事があるときにこちら側から送るスタンスでいましょう。

どうでもいい話は面倒だから

「『明日どこ行く?なに食べる?』とか、デートの確認はこっちからします。

でも、用がないときのどうでもいい話は苦手で……。彼女がその日あったことを送ってくれるのは楽しいんですけどね。SNSも見るのは好きだけど、あんまり投稿はしないし……」(27歳男性/広告)

会って話しているときは楽しいのに、連絡は全然してくれない男性もいるでしょう。

そんな男性は、自分からなにかを発信することに重きを置いていない可能性があります。

必要最低限のやり取りさえできればいいと思っている人が多いので、それ以外のやり取りはしないほうがいいかも。

彼の反応を見ながら調節しましょう。

自分からするものだと思っていないから

自分からするものだと思っていないから

「彼女のほうからLINEしてきてくれて、それに返事してたらそれなりにコミュニケーションが取れてるから、あんまり気にしたことがないです。

ただ『たまには自分からLINEしてよ。寂しい』って言われたから、ちょっと反省しているところです」(29歳男性/コンサル)

2人の理想のLINE頻度が合っていないと、どちらかもしくは双方が苦しくなることもあるでしょう。

彼からあまり連絡をしてくれないのなら、自分から連絡するのを控えてみるといいかも。

寂しくなったら彼から連絡してきてくれるかもしれないので、理想のLINE頻度がわかるはず。

意外とLINEをしていなくても楽しいなど、新たな発見があるかもしれませんよ。

LINEにとらわれすぎないで

自分から積極的にLINEをしない男性は、好き嫌いは関係なしに、単純にLINEを重視していない可能性があります。

必要なときに連絡をとる、くらいの感覚でいると、お互い気楽に過ごせるのではないでしょうか。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)