彼との関係が安定してくると、「結婚」の二文字が浮かぶ女性も多いはず。

でも、彼が全然その気になってくれない……というケースは多いもの。

そこで今回は、彼女との「結婚を意識した瞬間」について、男性に聞いてみました!

男性に聞いた!彼女との「結婚を意識した」瞬間とは?

意外な一面を知ったとき

「彼女とは付き合いも長いから、両親に紹介することにしたんです。
そしたら菓子折りの準備とかマナーとか手慣れてて、想像よりもしっかりしてるんだなって感動しました」(31歳男性/アパレル)

お付き合いが長いカップルだからこそ、相手のことをなんでも知っている気分になるもの。

そこであえて「意外な一面」を見せることで、「この子のことを知りたい」と彼の探求心を刺激することができます。

すると、おのずと独占欲も強くなり、「早く結婚しなきゃ、誰かにとられる」と結婚に前向きなってくれるはず。

たまには真剣に読書したり、手の込んだ料理を作ったり、ギャップある一面を見せてみましょう♡

将来の話をされたとき

「彼女が『私が国家試験に受かったら、オーロラを見に行きたい!それで〇〇くんの一眼レフで、一緒に写真撮りたいな!』って言ったんです。
彼女の将来の話にいつも僕が存在していて、僕も自然と『2人のこれから』を想像するようになりましたね」(37歳男性/保育士)

彼女が楽しそうに将来の話をするとき、その未来に自分がいたら、すごく嬉しいはず。

一方、その未来に自分がいなかったら……。

「彼女の将来に僕はいるのかな?」と弱気になったり、「この先うまくやっていけるかな」と不安になったりと、なかなか結婚を決意できないかもしれません。

ですから楽しそうに、彼との将来について話してみましょう。

どんなことも2人で乗り越えていけそうなポジティブな話に、彼もプロポーズに踏み切ってくれるかもしれません。

ヤキモチをやいたとき

「僕にぞっこんだと思っていた彼女が、他の男性と親しげに話していたときは、なんとも言えない気持ちがふつふつと湧いてきました。
誰かにとられる前にと思ったら、自然と『結婚』を意識するようになりましたね」(33歳男性/経営者)

彼にヤキモチをやいてもらうのも、一つの手。

「誰にも取られたくない」という気持ちを煽って、結婚を決意してもらうのです。

そのためには他の男性と親しげに話してみたり、仕事の同僚と飲み会に繰り出してみたりしてもいいかも。

きっとマンネリした2人に、良い刺激をもたらしてくれるはずですよ♡

包容力を感じたとき

「大きなプロジェクトがひと段落して、猛烈に彼女に甘えたくなったんです。
それで彼女に『疲れた。会いたい』ってLINEしたら、週末僕の家でデートすることに。

そしたら当日、普段甘えんぼの彼女が僕のことをギューって抱きしめてくれて、やさしさに感動しました」(27歳男性/エンジニア)

結婚にともなって、一緒に暮らすカップルも多いですよね。

そうなると、常に気を張っていては男性も疲れてしまうでしょう。

そのため、彼女に対し包容力を感じた瞬間に、結婚を前向きに考える男性も多いようです。

たまには彼を甘えさせてあげましょうね♡

プロポーズが近づくかも♡

多くの男性は、結婚を意識する女性に対し、嫉妬心や安心感を抱くようです。

この結婚への意識が高まれば高まるほど、プロポーズはより現実的になってきます。

今回ご紹介したポイントを押さえて、彼との結婚を実現させましょう♡

(東城ゆず/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)