意中の彼に、ガサツな女だと思われたら悲しいですよね。

できれば、育ちが良さそう、素敵な女性と思われたくありませんか?

そこで今回は、男性に「育ちが良さそう」と思われる話し方をご紹介します。

清楚な感じに惹かれる…「育ちが良く見える」話し方って?

人の話を最後まで聞く

人の話を最後まで聞かない人は、ガサツな印象を与えてしまいがち。

きちんと話を最後まで、にこやかに聞いてくれる人のほうが、もっと話したいと思いますよね。

でも実践するのは、案外難しいもの。

つい「それ知ってる!」と相手の言葉を遮って、自分の話をしてしまう人も多いのでは?

この場合は、「今の私の役目は『脇役』になること!主役は今話している相手」「すてきな脇役に徹しよう!」と思うと、上手くいきますよ。

慣れてくると、そんなことを思わなくても、聞き上手になっているはず!

相づちが「ええ」

意中の彼と一緒にいるときはもちろん、店員さんや仕事関係者と話すときも、相づちひとつで印象が変わるもの。

一般的に仕事関係者や店員さんと話すときは、「はい」「そうなんですね」などが多いでしょう。

なかにはフランクに「うん」「へえ」「すごいですね」などと言うこともあるかもしれません。

メインで使う相づちを「ええ」に変更するだけで、育ちが良くて、知的な印象になりますよ。

姿勢を正して話を聞く

相手に話を聞いてもらう時に、目の前の食べ物に夢中だったり、だらしなく座って聞いていたりすると「ちゃんと聞いているの?」と不安になってしまいますよね。

あまりにひどいと、話をする気持ちが削がれてしまうことも。

行儀が良くない人は、相手を嫌な気持ちにさせてしまいます。

人の話を聞く時は、顔だけではなく体も相手のほうに向けて、姿勢よく聞くのがポイント。

姿勢良く、体全体で自分の話を聞いてくれる人は「品の良い人」と思われる可能性が高いですよ!

相手の気持ちに立って話せる

「でも~」「けど」などの否定の言葉ばかり使われると、話していても嫌な気持ちになってしまいますよね。

本当に育ちの良い人は、相手の気持ちになって考えたり、思いやりに溢れた言葉をかけることができるもの。

つい「でも~じゃない?」「だけどさ」などの口癖がある人は、気を付けたほうがいいかも!

略した言葉を使わない

育ちがいいと思われやすい人は、「ありがとうございます」を「あざす!」などと、テンポの良さを優先した言葉遣いは基本的にしないでしょう。

あえて使う場合は、その効果を狙ったときのみ。

日常的に使っている人に対しては、あまり育ちの良さを感じないものです。

話し方で育ちのよさがわかるよう

育ちの良い印象を受ける人は、相手の気持ちを考えながら行動できている人です。

そういう人情味あふれる人のほうが、一緒にいたいと思いますよね。

今回挙げた項目はは、日常的に取り入れやすいものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね!

(なつくま/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)