初デートでしない方がいい話

気になる男性と距離を縮めたい!――恋する女性なら、誰しもが考えることではないかと思います。

しかし、その人が自分の方を振り向いてくれるか不安になることもあるでしょう。

そこで今回は、男性がさりげなく見せる「脈なしサイン」をご紹介します。

恋愛対象外かも…男性がさりげなく見せる「脈なしサイン」3つ

1.連絡を返さない

相手との距離を縮めようとLINEで連絡をしたとき、相手からの返信はどんな感じですか?

妙に淡白だったり絵文字や顔文字がなかったり……文字のみなんていうのは、脈なしのサインかもしれません。

もともと絵文字を使わないタイプの男性もいるので判断基準は難しいところですが、明らかに返信がなかったり、遅かったりするのであれば脈がないと考えた方が良いでしょう。

好きな女性であれば、会話を続けようと返信が続くはずです。

2.態度がそっけない

好きな男性からのそっけない態度……場合によっては、「かっこいい!」なんて思うことがあるのかもしれませんね。

しかし、脈なしの相手にストレートに「好きじゃないよ」と伝えるのは、なかなかできることではありません。

ほとんどの場合、まずは相手に対してそっけない態度を取ることで、「脈なし」であることに気づいてもらいたいと思っているものです。

たとえば、隣に座ったとしても、何かのタイミングで隣からいなくなったり、そもそも近く寄らなかったり……これらもサインのひとつ。

心当たりがある場合は、残念ながらこの恋は実らない可能性の方が高いかもしれません。

3.女性を紹介してもらおうとする

3.女性を紹介してもらおうとする

これこそ、脈なしを痛感する行動ではないでしょうか。

男性も気になる女性に対して「合コンやろう」と言ったり「女の子紹介して」なんて言ったりしないはずです。

気になる男性からの頼みだと思い、ついそのお願いに応えて合コンを開いてしまったら……。

ほかの女の子と楽しそうにする彼を見て、悲しい思いをするはめになりかねません。

もし、そういった申し出があったら、キチンとお断りするのが良いでしょう。

あきらめも肝心

女性よりも、態度や行動にハッキリと表すところに傷つく方もいるかもしれません。

しかし、逆に考えれば脈なしとわかった時点で、次の恋に進む踏ん切りもつけやすいと言えます。

すぐに切り替えるのは難しいかもしれませんが、この内容を参考に彼から脈ありなのかを参考にしてみてくださいね!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)