「大好きな彼氏にもっと愛されたい!」と、思ったことはありませんか?

そのためには、男心をうまくくすぐるのが得策!

そこで今回は、彼女の「かわいいワガママ」について、ご紹介します。

彼の「頼りにされたい心」を刺激して、もっと愛されちゃいましょう♡

もっと愛される♡彼女の「かわいいワガママ」とは?

願いを聞いてくれたら、とことん喜ぶ

彼がお願いを叶えてくれたら、とことん喜びましょう!

とにかく男性は、「自分が役に立った」とか、「自分が喜ばせてあげたんだ」と感じると、嬉しくなることが多いんです。

そのため、好きな彼女が自分のしたことですごく喜んでくれたら、なによりも嬉しいはず。

ちょっとオーバーリアクションぐらいでも◎。

そうすると、お互いがハッピーな気持ちになれるでしょう♡

まずは簡単なお願いから

ワガママと聞くと、「これ言ったら嫌われちゃうかな」「前にワガママな女は苦手って言ってたし」と、アレコレ考えてしまいがち。

ただ頭のなかでグルグル考えていては、なにもお願いできなくなってしまいますよね。

なにも「ブランドバッグ買って!」など、ハードルが高いお願いをする必要はありません。

まずは小さなワガママからでいいのです。

たとえば、コンビニで彼が買い物をするときに「ついでに肉まん買ってほしいな」と頼むなど。

すると「そんなことならいくらでもいいよ」と、彼氏も得意げに叶えてくれるはず。

こうやって小さなお願いを繰り返して、たまにはハードルをあげてみるのもいいですね。

小さな「頼られて嬉しい」が積み重なると、彼も自信がついて、より彼女に尽くしてくれるようになるかもしれません♡

気まぐれにお願いをする

ワガママを言ったとき、彼の状況によっては断られてしまうかもしれません。

ただそんなとき、「次も断られたらどうしよう」と悩む必要はありません。

なぜなら、お願いが余程ヘビーなものじゃない限り、「気分が乗らなかったから」など、お願いのタイミングが悪かっただけのことですから。

次はOKになるかもしれないので、何度かお願いを繰り返してみて。

すると「次こそは!」と彼も意気込んでくれるかもしれません。

ここで「もう、絶対お願いしない!」と怒ってしまうのはNG。

きっと相手も「じゃあもうなにもしない」と、ムキになって喧嘩になりかねませんからね。

遠慮ばかりしているなら…

ふだん遠慮がちな彼女から「かわいいワガママ」を言われたら、彼は「任せて!」と意気揚々とお願いを叶えてくれるかもしれません。

彼女もお願いを叶えてもらえて、彼も男心がくすぐられる。

こんな一石二鳥なワガママを、一度試してみてはいかがでしょうか?

(麻生アサ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)