気になる男性が奥手なタイプだと、恋がなかなか進展せずにヤキモキするでしょう。

ただそんな奥手男子たちも、ひそかに好意をチラ見せさせているのだとか。

そこで今回は、そんな奥手男子たちに「本気の大好きサイン」を聞いてみました。

奥手男子に聞いた!本気の「大好きサイン」とは?

仕事について質問する

「好きになったら、相手がどんな仕事をしているのか気になりますね。
だから僕も仕事について話すし、相手の話も聞いてみたいです。
そうすれば、休日とかも把握できて、デートに誘いやすくなるかなって思惑もあります」(26歳男性/広告)

本気で付き合いたいのなら、相手の職業などは重要な項目。

そのため、まずはその女性に安心してもらうために、自分から仕事の話をするようです。

そこから休日や、休日の過ごし方などを知ることで、デートに誘うきっかけを作ろうとしているのかもしれません。

オススメのお店を教える

「僕は美味しいものを食べるのが好きで、いろんな店を回るんです。
その話を女の子にすると、たいてい『行ってみたい』と言ってくれるので『じゃあいつにする?』とデートに誘えます」(30歳男性/販売)

おいしい店や食べものの話題って、思わず心奪われることもあるでしょう。

さらに美味しそうな写真まで添えられたら、つい「行ってみたい」と言う女性もいるはず。

その言葉をきっかけに、デートに誘おうと思っている男性もいるよう。

自然に誘えるよう、男性も工夫を凝らしているのかもしれませんね。

LINEは即レスばかり

「好きな子からLINEが来たら、嬉しくてもすぐに返事をしないほうがいいって言われるじゃないですか。
でも好きだからこそ、すぐ返信しちゃうんですよね。
そのほうが、テンポよくLINEできそうだからね」(29歳男性/医療)

LINEのテクニックとして、返信をわざと遅らせて焦らすという手段もありますよね。

しかし大好きな女性に対しては、気持ちが抑えきれず、すぐに返信する男性もいるようです。

自分から予定を話す

「デート行こう!ってストレートに言うのは、なかなかハードル高いんですよね。
だから好きな子の前では、僕から『来週末は旅行』とか『月末はヒマな日が多いんだ』とか言って、『じゃあどっか行く?』って言葉を待っちゃうことがあります」(28歳男性/食品)

奥手男子のなかには、好きすぎて気軽にデートに誘えない……と悩む人もいるよう。

そこで遠回しに誘うために、まずは自分の予定を開示するという男性もいるようです。

自然消滅するくらいなら…

奥手男子のなかには、好きな人をデートに誘えない……と悩む人もいます。

アレコレ悩むうち疲れて、好意はあるのに自然消滅するケースもあります。

そんな場合は、たまには女性からデートに誘ってみるのもアリかもしれませんね。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)